母にありがとう。

また一つ歳を重ねました。
自分におめでとうというより
産んでくれた母に感謝する日なんだなと。

遠い記憶に、私が30歳になる頃にはきっと
母はこの世に居ないと感じたことがありました。
体の弱い母だったから、幼い私はそう感じたのかもしれません。
思惑通り?私が25歳の時に母は帰らぬ人となりました。


母が他界して14年。
あと14年経ったら私は母と同じ歳になる。
そしていつか母の年齢を超えていく時が来る。
その時私は母と肩を並べ立てるだろうか。


コメント

非公開コメント

プロフィール

redbird315

Author:redbird315
redbird315といいます。
アホがつく程の猫好き。
一度は猫の手を借りてみたい。
時々ハワイネタあり。
どうぞよろしく。

CALENDER

<< 06
2018
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセス

検索フォーム

QRコード

QR