redbird日和

ARTICLE PAGE

22 2011

丹後半島旅行:ゲスト目線でない宿「雨情草庵」~チェックアウトまで

2011_071040248.jpg

朝食に向かい部屋に入ると写真のようなおにぎりが籠に入って用意されています。
「お昼時に召し上がってください」と宿からのお弁当です。
チェックアウト時にペットボトルのお茶2本と一緒に渡してくださいました。
浜辺で食べたおむすびはとても美味しいかった!





朝食を終えて部屋に戻り、また露天風呂に浸かっったり、湯上りにソファに座って景色を眺めたり
この旅では一度も部屋のTVを付けませんでした。
TVを見てる時間が惜しいほど寛ぎたくなる時間がこの「部屋」にはありました。

チェックアウトはお部屋で手続きが出来ます。
そのつもりでいたらクレジットカード決済は、表のレセプションでしか手続き出来ないとのこと。
レセプションのテーブルには暗証番号で決済する機械が用意されてあったにも関わらず、何故かサインで決済。
だったら部屋でも手続き出来たのでは????

その後お弁当を受け取り、宿をあとにしました。


<あとがき>
今回はあるWebサイトを通じて予約を行ったので、利用後のクチコミを投稿しました。
誠意のある宿側からの返信でしたが、クチコミ投稿では具体的な内容を避けたため
それを説明するにあたって、後日雨情草庵の支配人からメールを頂きました。

フロント係りの不手際があったことについての謝罪、気になる点が他にございましたらお聞かせください、
との内容だったので、数ある宿の中から記念日に相応しい場所だと見込んで選んだのに
不愉快な思いをする場面が多々あり残念な滞在になったこと、
改善して欲しい点をいくつか挙げ、今週の月曜日に返信しました。

今のところ何の音沙汰もありません。
うるさい客からの評価の一つに過ぎないと扱われているのかもしれません。
私も「記念日旅行」で無ければここまで辛口評価はしなかったと思います。

一番残念なのが「支配人」と名乗る方からメールを頂きましたが、お名前が無かったことです。
普通は支配人○○とご本人の名前が続くのではないでしょうか。

手入れの行き届いた庭園と、部屋の造り、客室露天風呂の心地良さは最高に素晴らしいかったです。
食事は高級食材が盛りだくさんで、丹後の美味しい白米は出てこず。
もう少し家庭的な料理が欲しいところでした。




*お断り*
私が実際に体験し感じたことを述べています。
すべての利用者がこのように感じるとは限りません。
あしからず。




0 Comments

Leave a comment