redbird日和

ARTICLE PAGE

28 2011

もっと分かり易く

テレビのニュースでは連日被災地の様子を報道しています。
その中で気になったのが、「物資は行き届いている」と「物資が全然足りない」の二つの声があることです。

報道中は中継地が画面に示されていますが
番組を見ているどの位の人がそれを理解しているかです。

「物資は行き届いている」というそのひとコマだけを聞くと
なんだもう救援物資は不要なんだ、と思う人が出てくるのではないでしょうか。
一方では輸送の問題等で、1回の配給で数日を過ごさなくてはならない被災地があるというにの・・・

ニュース番組や報道番組は、それを明確に視聴者へ訴える手段を考えて欲しい。

0 Comments

Leave a comment