被災した動物たち

今回の震災で被災したのは人間だけでなく、多くの動物たちも被災したことでしょう。
動物と一緒に暮らしている人なら皆同じことを思ったのではないでしょうか。

「一緒に暮らしていたワン(やニャン)はどうなっているのだろう」

動物達の命も、人命と同じく尊い命です。
その命を置いて避難生活をしてる被災者たちの心の内を想うといたたれません。

動物は人間の言葉を喋りません。
空腹でも寒くても怖くても痛くても、じっとじっと耐えています。

このようなページを見つけました。

社団法人 日本動物福祉協会
公益社団法人 日本愛玩動物協会
社団法人 日本獣医師会

動物と一緒に生活をしている者として、今の自分に何が出来るのか。
よく考えて行動したいと思います。

コメント

redbirdさん、こんにちは。
東京も電車の本数が制限されていますが
徐々にこのリズムに慣れて来た感があります。
計画停電もドンと来い!であります。
ただ、被災地の方に思いを馳せると...
ご家族同様に過ごされたペット君達とも
早く再会出来ますように。
そして一緒に暮らせる日が一日も早く来ますようにと祈るのみです。
防災対策、阪神淡路大震災の際に皆さんが身を持って教えて下さっていたのですよね。
我が家もその時から簡易トイレは用意しました。
必要最低限の防災用品確保は当たり前ですが
「自分の所だけは!」と言うあさましさも
感じてしまうスーパーの空き棚にはやりきれない
思いでいっぱいでしたが...
今はこちらも平常を取り戻しつつあります。
長々と失礼いたしましたm(__)m

家族の一員であるペットたち 凄く気になってました
我が家にも愛犬がいますので、 このような時どうしたらいいのか?どうするべきなのか?主人と話し合っています。
まぁ 話し合っても避難しなければならない状態になればどうなるかわかりませんが。。。
被災地への募金は少しですさせていただきましたが
被災地の人間以外の子供達(ペット)への募金も非力ですが協力させていただきたいと思います
redさん 教えてくれてありがとう。

> dekochinさん

コンバンワ。
余震や停電に物資不足、原発の問題・・・
いつまでも気の休まない時間が続きますよね。
どうか平常心を保ち、お怪我のないようにお過ごしください。

>始まった事はいつか終わる。
>起った事はいつか修まる。

私もそう信じて祈り続けます。
大変な中、貴重なコメントをありがとうございました。

> てんさん

自然のチカラを前にして、人間の力は無力ですね・・・。
被災した動物達を保護するために被災地へ入るボランティア達。
頭の下がる思いです。

私も家に居る猫達の対処方法を考えなくては!
てんさん、ご家族の皆様もどうかお怪我のないようにお過ごしください。
ご賛同いただきありがとうございました。


非公開コメント

プロフィール

redbird315

Author:redbird315
redbird315といいます。
アホがつく程の猫好き。
一度は猫の手を借りてみたい。
時々ハワイネタあり。
どうぞよろしく。

CALENDER

<< 07
2018
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセス

検索フォーム

QRコード

QR