redbird日和

ARTICLE PAGE

09 2010

保険の見直し

ある日フと考えました。
私は母が亡くなった歳までもう15年もないこと。
父も含めて、私の周りでは比較的若い年齢で大病を患ったり亡くなったりしています。

自分が病気になることは誰にも分かりませんが
もし私が大病を患うことになったら・・・?
今ある保証だけでは少ないのでは、と思いました。

私達夫婦はおのおの住宅ローンを持っています。
一般的な家庭だと大抵はご主人名義のローンで
ご主人がローンを完済するまでに亡くなると残高は団体信用保険で支払われ
家族が住宅ローンを引き継ぐということは回避されます。

しかし私達の場合はどちらかが亡くなっても、自分達の住宅ローンはそのままです。

この先も夫婦2人なので大きい保証は不要です。
2人で家計を支えている分、どちらか一方に収入が無くなる時があれば
その時の為の保証を、この先考えないといけないなと思い始めました。

現代医学では、そう簡単に「三途の川」を渡れないですからね。




2 Comments

redbird315  

Unknown

> トッシーさん

私は死亡保障と医療保障を増額しました。
「保険を買う」という意味に置き換えたら
コレも必要な経費かな、と割り切れました。

私の家庭はやや特殊?なので
しっかり考えとかないと・・・!

2010/09/10 (Fri) 19:08 | EDIT | REPLY |   

トッシー  

その様な年齢に、redbirdさん

redbirdさんのご両親は若くして
お亡くなりに・・・  
マイホームをご夫婦名義
にて建築され各々ローンを抱えて・・・
まだまだお若いredbirdさんご夫婦ですが
この先の事を今から考える事は
やはり必要ですね、発想が凄い
どちらか片方に突然何が起こっても
最小限度生きていく資金とローンの
返済を考えるとやはり貯金ですね
私達の年代になるとやはりローンは無くても
人並みの生活を送るのには健康と
多少の蓄えは必要ですよ
保険は夫婦供掛け捨てに加入しています。
この歳になっているのに余り真剣に
保障と向き合っていませんでした
おっしゃるとおりそうは簡単に
「三途の川」を渡るどころかredbirdさんは
ご両親の分まで長生きしなければ

2010/09/09 (Thu) 23:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment