redbird日和

ARTICLE PAGE

26 2009

日本の夏 其の?

夏までもうすこしですね。
梅雨入りはまだ先ですが、陽射しがどんどん夏らしくなってきました。

これからクーラーを使うご家庭も増えることでしょう。
そこで、毎日の暮らしに少し工夫を凝らしてみませんか。

真夏の陽射しに照りつけられた窓は火傷しそうな程暑く
そこから部屋の温度を上昇させます。

そこで役立つのが「簾(すだれ)」。

簾は真夏の陽射しを遮り、又目隠しの役目や
家具の色あせ防止にも役立ちます。

簾を付けるときは出来るだけ窓から離して付けます。
窓から離すことで簾との間に空間が出来、熱を帯びた空気もそこで温度を下げ
窓に伝わる温度も下がる→部屋の温度上昇を防ぐという事です。

最近の住宅はデザイン重視で庇(ひさし)の無いお宅が目立ちます。
又、1階部分の屋根が無いお宅も沢山あります。

簾を引っ掛ける場所に困ったら、「すだれフック」を使ってみてください。
網戸やサッシ枠に挟んで取り付けることができます。

簾のまくれあがり防止には、「すだれゆれ止め」という金具もあります。

いずれもホームセンターで購入することが出来ますので
今年の夏は是非、すだれやよしずを使って「日本の夏」を楽しんでくださいね☆









0 Comments

Leave a comment