redbird日和

飼い猫8匹+α+オットと暮す     ハワイと猫好きredbird315の毎日




任務終了 その後・・・ :: 2010/01/28(Thu)
「しゃこ」母さんの手術後の後日談デス・・・

当日は出来るだけキャリーバッグで渡して欲しいと獣医師さんからのお願いでしたが
警戒心が強いのでそんな事が出来るわけもなく(涙)
どデカイ室内ケージごと先生へ丸投げ・・・すみませ~ん(汗)!

手術に執刀してくださったのは
当の獣医師さんと、昨年秋に退職されたもう一人の獣医師さんと
そして何故か院長先生の3名(苦笑)。

病院兼自宅なので、「暇や」とか言いながら
休診日にもかかわらずアレよコレよと、今出来る処置を全て施してくれました。
頼みもしていないのに、ウィルスチェックからフロントライン乾布
虫歯まで抜いてくださったそうで・・・
(追加料金はありません!)

野良猫でリリース予定なので、当の獣医師さんは
抜糸の必要のない縫合を考えていたそうですが
「ステープラー(いわゆるホッチキス)で縫合した方が野良は確実」と言って
院長がどんどん進めちゃったわけなのです。

ステープラーは抜糸が必要なのです。
もっとも、すぐ捕獲できる子ならそれでもOKですが
「しゃこ」母さんは・・・(汗)。

でも今更どうすることも出来ず、仮にお腹に付いたままでも大丈夫らしいので
術後の様子見で更に3日間ケージで保護することに。

本当に良い獣医師さんに巡り逢う事ができました。
病院を退職されたのは、「野良猫の繁殖制限に力を注ぎたいから」
という理由で、更には
「私が獣医を目指したのはこの為なんです!」と。

大学法学部を卒業後10年間東京で就職し
その後獣医を目指して再び大学へ入学。そして念願の獣医師に。
経験を経て、この先は小規模ながら開業して
野良猫の繁殖制限をもっともっと行っていきたい。
だから困っていることがあれば相談してくださいね。
と。

先生の志に深く深く感動しました・・・(涙)。
最新の動物医療を追究する医師が多いなか、市民目線に立って
地道な活動を進んで行っているこの先生に出会えて、本当に良かったと!

「明日は17匹の去勢手術をするんですよ~」
と言い残して、帰宅されました。

で・・・

「しゃこ」母さんは会社に連れて来てもらいました。
会社の周りに住みついてる猫ですからね。
ケージを用意し、倉庫の奥で3日間保護することに。

しかしーっ!

なんと、その晩私の不注意で脱走してしまったのです(叫)。
傍に居たオットがとっさに捕獲を試みましたが
素手でかなうわけがなく、次の瞬間ガッツリ咬みつかれ
あえなく両手大負傷・・・(痛)。
「しゃこ」母さんはロフト倉庫から階下へダイブし
猛ダッシュで住処へ帰っていきました・・・

もう限界だったんですね、きっと・・・。
自宅に居る時は見慣れない景色に怯えていたんですが
会社に戻ってきて、見慣れた景色が目に入って
ずっと逃走のスキを狙っていたんだと思います。

ダイブした時に縫合部が裂けてやしないか心配でしたが
翌日ちゃっかりゴハンを貰いに現れましたよ!
今になって、院長のホチキス縫合で正解でした!!!

脱走した場所が、元の住処だったのが不幸中の幸いでした。



そして日増しに腫上がるオットの手・・・

決して患部は広くないのですが、犬歯が筋肉付近まで
ガッツリ刺さったようで・・・(汗)


オット曰く、「オレ今年大吉引かへんかったっけ?」
ええ、そうですとも!だから待ち人も(しゃこ)来たじゃないですかっ♪

流血しても翌日に食餌の用意をしているオットの姿を見て
後輩男子は「オレには分からないっす」とずっと呟いていましたよ・・・フフ。

ねこばかだからね。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:9



<<犯罪の無い街を | top | お休みです>>


comment

Unknown

色々とありがとうございました
ブログにも書きますが
お陰様で あの仔には、温かな家族ができました
redbird315サンのアドバイス
本当に有難かったです
ありがとうございました
  1. 2010/01/30(Sat) 20:07:10 |
  2. URL |
  3. てん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

Unknown

> Liccaさん

ねこばかは一日にしてならず・・・
デスヨ。

私にとって「猫」って赤ちゃんみたいな存在です。
決して擬人化しているわけではなく
言葉を発せないという点です。
「して欲しいこと」を探り当てたときは
ヤッター!って感じです(笑)。

その人間の言葉を持たない「猫」達が
一方で大量に生産され
一方で大量に処分され
それが、もし人間の赤ちゃん達だったら・・・?

色んな事を考えるようになったのは
それからかな。

Liccaさんご夫婦こそ
私には絶対真似の出来ない
固い志をお持ちではないですか。
この先も強く、そしてたくましくね!

お見舞いの言葉をありがとう☆


> dekochin

ホント、赤ひげ先生ダっ(笑)。
私もしゃこ母さん見習って、たくましく生きるわ!

お見舞いのお言葉、有難うございます☆


> トッシーさん

そうですね。
これからもねこバカを地で行きますよー!
どうか呆れず、黙って見守ってくださいな(笑)。

とーちゃんかーちゃん
怒ってるやろうなあ~(汗)。
  1. 2010/01/30(Sat) 17:59:19 |
  2. URL |
  3. redbird315 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

Unknown

> てんさん

もちろんデス!!
てんさんが保護してくれなかったらこの寒空に
人知れず消えていく命だったのかもしれないのですから。

・・・ますますカワエエ~(笑)。
まだ母親の元に居る年齢なので
温もりが欲しかったのでしょう。

でもダメよ。
今度はてんさんが倒れちゃうYO(笑)!
ペットボトルにお湯を入れタオルで巻いたものを
寝床に置くか
カイロを敷物の下に敷いてやってください。
離乳前(かな?)の子猫にはとにかく保温デス!
あとはお腹が空いた時は容赦なく泣きますので・・

鳴呼~。
近くなら飛んで行って私が代わってあげたい!
この距離ゆえにアドバイスしか出来ない事
お許しくださいね。

応援ありがとう☆
  1. 2010/01/30(Sat) 17:12:50 |
  2. URL |
  3. redbird315 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

Unknown

こちらこそ、ありがとうございます
私でも 役にたてたのでしょうか?
小さな命が1つでも救われた・・・
本当に嬉しい
昨夜は不安になったのか?(当然ですよね?)
夜中にミューミュー鳴いていました
良いことかどうかわかりませんが その不安そうな鳴き声に、朝まで抱っこしてしまった私
膝の上でスピースピー(そう聞こえたのでww)という寝息をたてて寝てくれましたよ
改めて、redbird315サンの活動に大変さを ほんの少しだけど実感した1日でした
redbird315サン これからも応援してます
でも、本当に可愛い寝顔でした
  1. 2010/01/30(Sat) 14:52:58 |
  2. URL |
  3. てん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

Unknown

> てんさん

子猫ちゃんを助けてくれてありがとーっ(泣)!
てんさんのその勇気ある素早い行動が
小さいちゃんの命を繋げることができました。
本当に有難う!

産まれてきても故意に失われる命が少なくないこと・・・
せめて私が手をかけた猫達には
彼らの代で一生を終えるよう
これからも頑張っていきますよ!

しっかしカワエエなあ~・・・。
子猫は爪がすぐ伸びるから、保護中もこまめにカットしてあげてね☆
オットのようにならない為にも・・・(アレは牙痕ですが・・・苦笑)
  1. 2010/01/30(Sat) 12:46:22 |
  2. URL |
  3. redbird315 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

泣かせるね、redbird315さん

感動しましたの一言です
ねこばかなこ夫婦の人生はまだまだ
先が長いですね
しゃこ母猫のこの先を案じつつ
野良猫として元気に生き抜いて欲しいです。
ご主人さんのお怪我は大変な苦労の
後が見えますが、毎度の事で
気の毒です
お大事にね
  1. 2010/01/29(Fri) 20:34:48 |
  2. URL |
  3. トッシー #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

Unknown

まるで赤ひげ先生を地で行く
尊敬すべき獣医さんですね
そして天晴れな「ねこばか」御夫婦に拍手
元気に「しゃこ母さん」が生き抜いていけますように!
ご主人様のお怪我、お見舞い申し上げます
  1. 2010/01/28(Thu) 23:25:01 |
  2. URL |
  3. dekochin #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

たまに「バカになる」って憧れます

redbird315さんのブログを読むようになってから
自分は「バカ」になるほど何かに没頭したり、好きになったり
出来る事って無いなぁ・・って気がつきました。
私も一応、猫も犬も好きですけどredbird315さんのように
そこまで愛情を注げるか?って考えたら絶対に
無理のように思えます。

redbird315さんご夫婦の猫一筋の姿勢に脱帽です。
これからも「ねこばか」大いに大賛成ですよ。

追伸、旦那さんのお怪我、痛々しいですね。
お大事に・・。
  1. 2010/01/28(Thu) 22:10:07 |
  2. URL |
  3. Licca #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

Unknown

読めば読むほど、知れば知るほど・・本当に頭が下がります
こういう獣医さんもいらっしゃるんですね
いつも自由に生きてる「しゃこ」母さんやはり限界だったのかな
縫合部がどうなったのか、凄く気になりますが無事のようで良かったですね
ご主人様の傷、いかかですか?
動物に噛まれた傷は後々まで痛むし、治りも遅いですよね?(経験者ww)
>流血しても翌日に食餌の用意
わかります。どんなことが起きても、やはり愛おしさに変わりは無いもの
とは言え ご主人様の傷 お大事に
  1. 2010/01/28(Thu) 19:52:20 |
  2. URL |
  3. てん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alohaloha315.blog137.fc2.com/tb.php/203-d0e95c48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)