redbird日和

ARTICLE PAGE

13 2009

南紀白浜 小さな宿「白南風」レポ②と・・・

旅先でも寝坊の私にしては珍しく、朝6時に目が覚めました。
朝風呂が開く7時まで、窓から朝焼けの白良浜を楽しみます。



部屋の窓は北側を向いているので、昇る朝陽は見えません。

                                         宿の看板犬「みなみ」ちゃんはもうお目覚めでした。


7時になり早速朝風呂へ。
他の宿泊客は寝坊さんばかりだったのか、40分浸かっていても
誰一人として入って来ませんでした。
「星の湯」独り占め~~~。


その後オットを揺り起こし、朝食を頂きに食事処へ行きます。
お腹グーグーです!



どれから食べようか、迷うほどの品数!。
                             朝から海老とイカのサラダなんか…自宅じゃあり得ない・笑。 




太刀魚の干物を焼きます。これがウマイんだなっ。

朝から豆乳鍋。贅沢でしょ?





部屋に戻ると、「富田の水」で淹れたホットコーヒーを持って来てくれます。

メッセージ入りのコーヒーカップには、女将の心遣いを感じます。






チェックアウトを済ませ、女将をはじめスタッフの皆さんにお礼を言い宿を後にします。

次に予約が取れるのはいつになる事やら・・・汗。






車を北へ走らせ、再び阪和自動車道に乗ります。今日もお天気です!


和歌山県は有田みかんの産地でもあります。  ・・・・と、山のてっぺんに風車発見!



和歌山ICで降りて向かった先は、「伊太祈曽駅」
ここから電車に乗って、今日もたま駅長に逢いに行きます!!!




たま電ならぬ、レンタサイクル「たま自転車」があります。可愛いな~、コレ。


平日昼下がりの駅長室。誰も居ないよ。




貴志駅舎内に置いてある小学生達からの絵手紙。たま駅長の似顔絵がいっぱい!



未来の岡本太郎が居る!???







夕陽を受けるたま電車。


のどかな田舎風景を走る列車達。



平日のたま駅長は幾分かリラックスした様子で過ごしていました。
どこから見ても仕事中と分かるサラリーマンのお父さんが往復切符を持って
嬉しそうに写真を撮っていたり、たまたま通りかかった作業着を着た
男性陣に声を掛けられたり、とてもゆる~~~い時間が流れる貴志駅でした。

陽も傾いてきたので、そろそろ大阪へ帰るとします。
またね、たま駅長!









番外編:この旅の戦利品たち・・・


たま駅長の名刺もらっちゃった☆


さて、この中に間違いが一つ含まれています。
お気づきの方、当てても何も出ませんからねーっ



2 Comments

redbird315  

Unknown

> dekochinさん

ええ。たま駅長しか見に行ってないのに
何故だか、大好きなハワイへ行った時以上の
満足感☆☆☆

・・・ホンマにねこばかなんですよ(失笑)。

ナニ?賞金?
えっと用意してたんですけどね、100万円天。


2009/11/15 (Sun) 12:19 | EDIT | REPLY |   

dekochin  

Unknown

私の記憶が確かならば、前の晩にはこれでもかのご馳走をたいらげたはずでは...?
そして目覚めとともにお腹グーグーとは
なんたる健康体
でもこの朝食ならお腹グーグーで大正解ですね
お部屋にコーヒーとは心憎い
たま駅長とのふれあいの旅は
お腹も心も満ち足りたことでしょう
ステキな旅レポありがとうございました。
あっ!
見つけました!
そこに鎮座しているのは《毛玉》駅長
えぇ~~!賞金100万円は今回も無しですか~

2009/11/14 (Sat) 17:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment