redbird日和

ARTICLE PAGE

27 2015

子猫保護経緯 その3

  • CATEGORY
  • COMMENT4


イカ耳になってるやん(笑)。


8月に入り懸念材料が出てきた。
お盆期間中、横浜へ1泊2日で出掛けることになっていたから。
それまでに毎日たった1回の給餌を、今か今かと待っている子猫をどうするか・・・
たった一日。されど一日。
悩みに悩んで、友人宅に一日だけ預かってもらうことに。
(自宅猫達はペットシッターさんのお世話になりました)

そして横浜から帰阪してすぐ子猫を迎えに行く為に友人宅へ連絡を入れました。
この時点ではまだ我が家へ迎え入れる予定はなく、引き取り後とりあえず元の場所へ返す予定でした。

ところが、友人の知り合いで「飼っても良い」と言う人が居ることが分かったのです。
ただ確証がなく、家族全員に聞いてみないと分からないしNGの場合もある・・・
でもとても猫好きの人達だからお見合いすれば成功率が上がる。
ひとつ条件があって、過去に病気で飼い猫を亡くしているから健康な子であって欲しいと。
だから元の場所に戻すのは少し先に出来ないか?と言ってきたのです。

私は迷いました。
改めて里親に出すということは、安易に「はい、どーぞ!」とは譲渡出来ない。
希望している方の言う通り、健康=ウィルスチェックは欠かせないのだ。
私自身が過去に飼い猫や保護猫を白血病で亡くしているせいもあって
保護したのちのウィルスチェックにはナーバスになっている部分がある。
もし検査を行って陽性だったら・・・・?
最期の時を知っているだけに、無責任に又野に放つことなんて到底出来ない。
野良猫を保護するということは、それなりのリスクを背負う覚悟が必要だ。
友人宅にもすでに数頭の猫が居て、家族からこれ以上増やすなと言われている。
だから何かあってもうちでは飼えないと・・・

子猫にとって飼い主が見つかるが最良の道だと分かっていながら
私は自分可愛さのあまり、その話しを渋ってしまった。
帰宅直後で疲れていたせいもあってか、友人に八つ当たりするような自分が居て
これはヤバイと思い、一先ずもう一晩預かってもらうことで落ち着き
その日は眠れない夜を過ごしました。

もうちょっと続く。








4 Comments

レイジ  

野良猫ちゃん

野良猫ちゃんの人生(猫正?)は厳しいのですね。そして、保護をするのも相当な覚悟が必要なのですね。可愛いからと安易に飼ってしまうけど、病気もするし年を取って介護が必要になる。改めて、覚悟いたしました。

2015/08/27 (Thu) 21:51 | EDIT | REPLY |   

すず  

あぁ・・・
我が事のように切実やわぁ・・・

で!まだ続くんかい!!!

2015/08/27 (Thu) 23:55 | EDIT | REPLY |   
redbird315">

redbird315  

redbird315">

> レイジさん

そうですね。
動物を飼うということは、その子の一生を背負うので
生半かな想いでは困るのですよ。
でもその生半かな考えを持っているヤツも多いわけで・・・
止まらないので、これ以上はやめときます(苦笑)。

2015/08/28 (Fri) 16:18 | EDIT | redbird315さん">REPLY |   
redbird315">

redbird315  

redbird315">

> すずさん

子猫1匹に何血迷ってるねん!って言う正義感溢れる自分と
「え?又増やすんかい?」って超現実の自分と
毎回めちゃ葛藤です・・・
ま。結局、答えに選択の余地は無いねんけどね(苦笑)。


2015/08/28 (Fri) 16:25 | EDIT | redbird315さん">REPLY |   

Leave a comment