redbird日和

ARTICLE PAGE

07 2015

簡単更新 ⑬



犬の遺言状というのをご存知ですか。
あえてリンクは貼りませんが、検索するとたくさん出てきます。

もしあなたがその環境に居て、次のステップを踏もうとしているなら
勇気を出して欲しい。
あなたが彼らと過ごした思い出は、決して上書きされることはありません。
また一つ新しいフォルダが増えるだけのこと。
私はどうせなら沢山のフォルダを作って、いつか先に旅立った彼らの元へ昇天したい。






2 Comments

dekochin  

No title

犬の遺言 見つけて読みました。redbird315さんのブログに出会って
私もそう言う道もありだと思い始めています。
居住環境が許せば是非そうしたいですし、出来なければ出向いてお手伝い出来る方法を
探したいと思ってます。
その時が出来るだけ遠い明日でありますように...

2015/06/11 (Thu) 12:34 | EDIT | REPLY |   
redbird315">

redbird315  

redbird315">

> dekochinさん

なんかね、泣けちゃうでしょ?これ。

私の知り合いに、10年以上前に亡くなった飼い猫が忘れられなくて
今でも話題にすると涙する人が居るんです。
一緒に過ごした家族も「新しい子は迎えられない」って言い続けてて・・・
とっても可愛がられていた証拠だし、それを否定するつもりもないけど
いつの頃からか何かちょっと違うなって思えてきて
その時に出会ったのがこの詩でした。

折角それ程の愛情を持ち合わせていながら
この先1匹の子も助けられないなんて勿体無過ぎるな、と。

命は長さじゃない。
どれだけ幸せな一生を提供・共存出来るかだと思います。
そして誰でも来るべく日は、出来る限り一番遠いところにあって欲しいと願うものです。

dekochinさん。
コメント、ありがとうございました





2015/06/15 (Mon) 17:38 | EDIT | redbird315さん">REPLY |   

Leave a comment