redbird日和

飼い猫8匹+α+オットと暮す     ハワイと猫好きredbird315の毎日




お別れ その弐 :: 2014/11/04(Tue)
ペットの葬儀は行わないと決めていた私達。
居住区の市役所を調べてみると、ペットの遺体引取りは二通りがありました。

 1).一般ゴミと一緒に焼却(自宅へ引き取りor焼却場へ持ち込み)
 2).小動物専用炉にて焼却(焼却場へ持ち込みのみ)

焼却後の遺骨等の収拾はなく、一般塵芥と一緒に処理されます。
価格で言えば、2)は1)の6倍の費用が必要でした。私達は2).を選択しました。

自宅で暫し別れを惜しみ、その後市役所で手続きをすませ
焼却センターへ向かいました。
向かう車の中で夫をこんなことを言っていました。

「小動物専用炉って言うてるけど、そんなんホンマにあるん?」
「受付で引き渡ししたら、その後どうなろうと私らに分からんな・・・」
「生ゴミと一緒にされたらどうしよか・・・」
「受付でさよならなんて寂しいよなあ~・・」

焼却センターは町の外れにありました。
正門をくぐり受付とおもわれるプレハブハウスの中に居る職員に用件を伝えると
係り員が来るまで車を端に寄せて待っていてください、と言われました。
暫くすると自転車に乗った、いかにも清掃局員というような格好をした(イメージよ!イメージ)
年配の男性が車に近付いてきました。

(いよいよカツラ課長とお別れなんや・・・・)

2人ともそう思いました。
カツラ課長が入った箱を持って車外に出ると、「車で私に付いて来てくれますか~」とおっちゃん。
キコキコ自転車をゆっくり漕ぎながら、こっちこっちと呼ぶおっちゃん。

(ど、どこ連れてかれんねん・・・)

敷地内の角を曲がり、ほんの数十メートル走り着いた先の入口ドア上には
「小動物専用焼却炉」と書かれたプレートが。。。

灯油臭がする、ひんやりとした空気が漂うその部屋へ足を踏み入れると
部屋の正面に大きなステンレスの台と
その向こうに一対の供花(造花やったけど)と墓標なるものがありました。
すぐそばには小さな焼却炉が本当にありました。

「では、ここで最期のお別れをして頂きますね」

そう言っておっちゃんはカツラ課長が入った箱を開き
お花でいっぱいのカツラ課長を見るなり
「いや~こんなんしてもらってるの初めて見たわ。良かったなあ~良かったな~」
と私達と同じように別れを惜しんでくれました。

最期のお別れをしておっちゃんに御礼を言い、部屋をあとにしました。
車に戻ろうとすると、おっちゃんは施設から町の方面への帰り方を説明してくれました。
聞いていると私達が行きたい方向とは真逆のようだったけど
何だかいつまでもそのおっちゃんの説明を聞いていたい位温かな気持ちになりました。
すると突然「横に建物には温水プールがあるんやで」と。
はて?温水プールなんてわが町にあるのね???
不思議そうにしていると「ここでの焼却をエネルギーに換えて温水プールにしてるんですよ」って!

カツラ課長も果ては温水プールの火元かっ!?

なんだかそれがとても可笑しくて、でもおっちゃんのことが全然憎めなくて
3人でいつまでもそこで笑っていました。

施設からの帰り道。
夫が「なんかあったかい気持ちでさよなら出来てよかったな~」と言いました。
私も同じ想いでした。

日向ぼっこが大好きだったカツラ課長。
この日はいつも以上に晴天で、眩しい位に太陽の光がサンサンと降り注ぐ日でした。
おっちゃんの笑顔とおてんとさんに導かれながら
この日、カツラ課長は灰となり煙となり、そして天へと高く高く昇っていきました。

ありがとう、カツラ課長。
そしてゆっくりお休みなさい・・・



テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 家猫
  2. | trackback:0
  3. | comment:2



<<一週間 | top | お別れ その壱>>


comment

No title

とうとうお別れの日が来てしまったんですね?

お疲れさまです ご両親も課長も。。。よお頑張りましたね!
あちらでは元通り走り回っているのでしょうね?

温水プールは笑えました。。。以前奈良の親戚の時も隣が熱帯植物園で
燃えてる間、見学できたのを思い出しました(笑)
綺麗な蝶々も飛んでいましたv-48
  1. 2014/11/09(Sun) 18:34:39 |
  2. URL |
  3. DIVA #LGxQMfeo
  4. [ 編集 ]

> DIVAさん

カツラ課長は出会った時はすでに老齢で
課長が突っ走ってる姿って見たことないんですよー。
今頃走り回ってるんかなあ・・・

温水プール笑うでしょ(笑)。
以前、隣町に住む友人宅の猫が亡くなった際
同じく役場で焼却してもらおうと指定された場所へ行くと
そこは私の両親が眠る墓地兼斎場でした。
地域によって場所・方法は様々ですね~。
でも焼き上がるまで?植物園を散策した人は
聞いたことないな(苦笑)。



  1. 2014/11/11(Tue) 17:38:50 |
  2. URL |
  3. redbird315 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alohaloha315.blog137.fc2.com/tb.php/1251-349ee6a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)