redbird日和

ARTICLE PAGE

21 2014

静かなる抵抗

人間生きていると度々心が折れそうになる時がある。
折れそうな位重症じゃなくとも、チクっと胸が痛いことなんかしょっちゅうではなかろうか。
そんな小さな事でいちいち傷ついていては世の中生きては行けんし
自分も同じく知らぬ間に誰かを傷つけているであろうし、お互い様てなワケで毎日が過ぎて行く。

傷付く基準の一つに、自分が持っているコンプレックスが多分に関係していると思う。
ちっぽけなプライドも年齢と共に崩れてきていると感じるけど
それでもムショウに殻に閉じこもりたくなる時がある。

webや街に「母の日」の文字が目に留まる。
目には留まっても
足は止めずに雑踏を足早に歩く日が続くだろう。





0 Comments

Leave a comment