redbird日和

飼い猫8匹+α+オットと暮す     ハワイと猫好きredbird315の毎日




石油ファンヒーターの故障の原因はシリコン :: 2014/04/14(Mon)
2012年の12月末に購入した石油ファンヒーターがぶっ壊れました。
2012年製のモデルで、購入当初は最新機種。
2013年(去年)の12月に数日稼動させたあと、不完全燃焼を起こしてお釈迦に。
灯油代が高かったこともあったり、当時の保証書も見つからず
修理代を払うか、新しいのを買い直すのかと、選択を先延ばしにしていました。

最近になってやっとこさっとこメーカーに修理依頼をしたところ
本体に3年保証が付いているので無償修理してくれると!
家電製品って3年間の本体保証期間があるのですよね~。んなことすっかり忘れてたよ。
で早速修理に来て貰って不完全燃焼起こしてる原因を追究すると

空気中のシリコンが原因

だって!?なんじゃソレ!?
聞けば、最近の石油ファンヒーターの故障原因のほとんどを占めてるって言うじゃないですか。
「石油ファンヒーター シリコン」とネットで検索すると出るわ出るわ・・・
でもシリコンって「目に見えない」ので、それを気を付けろって言われてもねえ・・・。
ウチは洗濯物は室内干しだけど、柔軟剤は知っての通り使っていないので
室内にシリコンが発生?する原因が思いつかない。
ヘアスプレーは使っていないけど、洗い流さないトリートメントはおとっつあんが朝使っている・・・
で、その近くにファンヒーターが置いてある・・・
もしかしてそれが原因!???たったそれだけで故障するの!?

修理業者に
「ホコリや目に見えるものに気を配れと言うなら分かるけど
見えないモノを控えろと言われても困る」と詰め寄ったところ
各メーカーは現在シリコンに対応したフィルターを考案中、とのことでした。
今回はそのフィルターも設置して、費用も無償なので修理をやってもらうことに。



で、ここから私のグチが有るんですよ!
長いので畳みます。続きを読むからどうぞ!








まず最初にメーカーに電話したんですよ。
型式を伝えたら「まだ本体保証内ですので無償対応いたします」って。
んで「修理の受付はこちらに持込修理か出張修理のみ」と言うのです。
「そっちに送って、送り返してもらう事は無理なんですか?」って聞くと
「送料等の費用発生の関係で受付していません」と。
やってないんだったら出張に来てもらうしか無いわよね~、と職場に来てもらいました。
(職場からファンヒーターを送付しようと思っても持ち込んでいたのです)
で、下請けの修理業者さんがやって来ました。
事前に故障の症状とエラーメッセージを伝えていたので、おおよその修理箇所は把握出来ているだろうし
それに備えた修理パーツも持ち込んで出張に来てるもんだと思っていたら
「ではこれからパーツを手配しますので、入荷後もう一度伺いにきます」って!

え!?ナニ???
今日で修理完了するんちゃうの?何の為の出張修理やねん!

と突っ込みたいのをグと我慢し、1週間待ちました。
でパーツ交換をし手貰い、業者のおっちゃんいざ点火!

・・・って点火せーへんやんけーっ(怒)!

「すみません~。点火ヒューズの配線がダメになってるみたいで、又取寄せて来さして貰います」
って・・・

もう持って帰って修理して持って来てくれ(怒)!

すんまへんすんまへんと平謝りのおっちゃんを見てるとこの人に罪は無く
こんな手間の掛かる修理手段を下請け業者に取らせているメーカー側に責任があるんじゃ、ボケ!
てなことで、私は二度とこのメーカーの製品は購入致しません。
有償修理やったら、出張費だけで何回分加算されることやら・・・

っていうかこの修理、もともと保証内修理やねんから
最初からそっちに送って修理して送り返してくれたら早い話やったんでは?
そう思うのは私だけでしょうか・・・南無~。









テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

  1. つぶやき
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<体重1.6キロ | top | 洗濯洗剤は粉末に限る!>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alohaloha315.blog137.fc2.com/tb.php/1175-634bf522
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)