春は危険な季節

少しづつ日中の気温も上がり、春の訪れを感じるようになってきました。
昨晩仕事からの帰宅途中、バス通りの傍らに倒れている猫を見かけました。
大雨が降る中の帰宅だったのと、ミニバイクに乗っていたので立ち止まることが出来ず
でも既に息は無い様子でした。
おとっつあんに話すと「埋めてあげよう」ということになり、スポーツジムの帰りに立ち寄ることにしました。
深夜0時半過ぎ。
猫が倒れていた場所に近付くと何やら暗闇に人の気配が。よく見ると原付バイクに乗った警察官が3名。
一人がビニール袋を広げ、一人が猫の遺体を処理するところでした。
誰かが通報したのか、それとも巡回中の警察官達の判断で処置することになったのか。
大雨に打たれすぶ濡れのまま一晩誰にも処理されず、朝が来ても通勤に急ぐ人達にも無視され
哀れな姿をさらすことにならなくて良かった・・・
時間も遅かったこともあり、その後の猫の処置は警察官に任せ
私達は家路に着きました。

日の出時刻が早くなるにつれ、動物達の恋の季節が始まります。
最近になって猛ダッシュで駆けて行く猫達を何度か見かけます。
なわばり争いのケンカ中や、異性を追いかけている真っ最中は無我夢中で猫は走ります。
そんな時が一番交通事故に遭いやすいのです。
動物に理性はありません。時期がくれば本能に沿って行動するだけです。
少しでも不本意な妊娠、事故死を避けるためにも
外出可能の猫ちゃんは勿論、室内で飼っている猫ちゃん達にも去勢・不妊手術を必ず施してください。

自宅に戻ると、すっかり止んだ大雨に変わって綺麗なお月さんが出ていました。
どうか猫ちゃんが無事成仏出来ますように。
そして遺体処理にあたってくださった警察官達に感謝。
合掌。






コメント

No title

車で通勤しているので、
時々、道路で亡骸に遭遇します。

車で走っていると、ワンコが走っていて、
この子は迷子????て気になりながら走りすぎたり・・・

ペットショップで犬猫を買う人の、
5人に1人が里親でワンニャンをお迎えすると、
殺処分される子がいなくなるというのを聞きました。
もちろんこれは計算上の話でしょうけど、一人一人が
できる範囲でできることを行うと、
大きな力になるのではないかと思います。

私も、不幸な子が、1匹でも少なくなるように、
できることをやっていきたいと思います。

例えば、今飼っている子を最後まで責任を持って飼うこと、
それはちゃんとやりましょうよ、と思います。
捨てるくらいなら、はじめから飼わないで!と思います。

> こたつねこさん

私の回りにも猫を飼っている人が多いんですが
意外に皆さん「外出可能」な飼い方してるんですよね・・・。
外出可能って事は、いつ何があってもおかしくないって環境なのに。
猫にとってのQOL(クオリティ オブ ライフ)はどれが正しいのか分かりませんが
折角縁あって一緒に暮らすことになったのだから、後悔するような飼い方はしたくないです。

車も、急がず心にゆとりを持って運転を心掛けないといけませんね。。

こたつねこさん。コメント、ありがとうございます。



非公開コメント

プロフィール

redbird315

Author:redbird315
redbird315といいます。
アホがつく程の猫好き。
一度は猫の手を借りてみたい。
時々ハワイネタあり。
どうぞよろしく。

CALENDER

<< 11
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセス

検索フォーム

QRコード

QR