redbird日和

ARTICLE PAGE

07 2014

贔屓にしていた宿だったのに

  • CATEGORY
  • COMMENT0


去年12月の初めに、友人夫婦と南紀白浜へ忘年会を兼ねて温泉旅行に行ってきました。
お宿は、ここ数年私達が贔屓にしているコチラへ。
宿の様子は過去の記事()からどうぞ。

今回で5回目の訪問になるのかなあ。
初めて泊って以来、食事の美味しさは勿論、量も質も温泉もすっかり気に入って
それからは毎年訪問していました。
たった4室しかないので、週末の予約が難しいのですが
今回は早め行動したので何とか2室予約することが出来たのです。
友人夫婦にも「すごく良いところやで~」と前評判を思いっきりしていました。

予約の時、一番眺めの良い二間続きのお部屋を1室リクエストしたのですが
「こちらのお部屋は4名様以上でのご利用となりますので、当日空きがありましたら
ご希望に添えるようさせて頂きます」との回答でした。
リクエストベースだし、当日もっと沢山のお客さんが泊るかもしれないし
まあ、通してもらえたらラッキーかな?と思っていました。
でも内心「いつも贔屓にしてるんだし、もう5回目の訪問だよ?」とも思っていました。

当日。
リクエストしたお部屋には通してもらえませんでした。
それどころか、私達がリクエストしたお部屋には若いカップルが一組だけ。。
そしてこの日の宿泊客は、私達2組とその若いカップル1組だけだったのです。
正直「どういう優先順位なの?」と残念に思いました。

このほかにもう一つ落胆したこと。
食後にはいつもハーブティを出してくれるのですが、今回そのサービスがありませんでした。
翌朝スタッフに尋ねると「今在庫を切らしてまして・・・」と回答が。
お詫びに、と清算時に有田みかんを手渡されたのですが
実は毎回簡単な手土産(お菓子)を「お心付け」代わりに渡すんです。
それに対して、帰り際にいつも梅干だったり何かしら手土産をくださるんですね。
今回も同じくチェックインの際に、ちょっとしたお土産を手渡しました。
だから・・・このみかんは、本当はその手土産に対するお礼の品だったんでは!?
と思っちゃったんですよね~・・・・。

だって本来なら食後のタイミングで詫びないといけないでしょ?
「いつもサービスで出しているハーブティが提供出来ない代わりに・・・」って。
これが初めての宿泊なら無くても気付かなかったところですが
もう5回目だよ・・・なんで出てこないの?って気付くよ、フツー。
在庫切らしてるんなら、別に普通の紅茶でも良いしコーヒーでも良いのに。
こちらから尋ねるまで黙っていたことが、どうしても残念に思えて仕方ないのでした。

そんなわけで、私の中で格下げ決定の宿なのでした。
辛口コメント、お許しを。









0 Comments

Leave a comment