redbird日和

ARTICLE PAGE

22 2013

カツラ課長への想い

昨日の記事にあげましたが、昨晩初めてカツラ課長に皮下点滴を実践しました。
本来なら病院で何度か練習手順を踏んで、数回目にしてようやく自宅点滴になるそうですが
そうも言ってられない状況だったので、日曜日に病院で教えてもらい翌日いきなり初点滴でした(汗)。
先生の教えも良かったのか、カツラ課長も大人しくしてくれて、問題無く点滴終了!

今年のお正月明けに肺炎を起こして体調を崩したカツラ課長。
腎不全に貧血、低体温も手伝ってひどく衰弱していましたが
なんとか乗り切ってくれたカツラ課長。
老猫に積極的な治療は・・・との私達の意向で特別な治療は施さず
今まで元気にガンバってくれました。

決して腎不全が良くなったわけではなく、今になって少しづつ体力が落ち始めています。
日曜日には獣医師から「今日以降の治療はどうしますか」と改めて聞かれました。
治療をしなければ衰弱し1週間で看取ることになると言われ
積極的な治療はしないと決めていたのに
診察台の上で獣医師の手の甲に頬を擦り付けるカツラ課長を見ていたら
今までのカツラ課長に対する想いとか、保護するまでの環境や色んなことが走馬灯のように巡ってきて
その場で取り乱してしまいました。
なんて困った飼い主だこと・・トホホホ(涙)。

獣医師はそんな私達飼い主の心情を汲み取ってくれたがどうか分からないけど
「最低限の治療の中の、最良の方法」として自宅点滴を薦めてくれました。
腎不全を発症してすでに脱水症状が慢性化しているカツラ課長には、皮下輸液が絶対必要だと。
点滴することで少しでも状態が安定するなら、と自宅点滴を受け入れることにしました。
自宅点滴を認めてくれる病院で良かったと思います。

そして今朝も緩めたa/d缶スプーン1杯を舐めてくれました。
「食べることは生きること」。動物として当たり前のこと。
飼い主として当たり前のことは最後まで「笑顔の看護」を続けること。
今までも、これからもいい時間を過ごしたいと思います。

4 Comments

ティモコ  

No title

なんてコメントしたらいいか…
こんな大変な時に私のアホブログに来てもらって…
取り乱すのは当然です。
困った飼い主じゃないよ。

2013/10/24 (Thu) 00:44 | EDIT | REPLY |   
redbird315">

redbird315  

redbird315">

> ティモコさん

こんな大変な時に
アホブログを訪問してる困った飼い主だぜ~(苦笑)!?

大変なんだけど大変とは思わない事にしてます。
だって「笑顔の看護」だからさっ!
って、本音はやっぱり大変なんだけどね~(涙)。どっちやねん!


2013/10/24 (Thu) 18:39 | EDIT | redbird315さん">REPLY |   

こたつねこ  

No title

カツラ課長さんが、おとなしく点滴を受け入れているのは、
点滴していると身体が楽になるからだと思います。

うちのそらも腎不全で、毎日、180mlくらい点滴していました。
そらは、体重が6kgくらいあったので、
このくらいの量で、やっと腎機能が改善しました。

そらは、かなり状態が悪いときは、
おとなしく点滴をさせてくれていました。
元気になってきたら、点滴から逃げるようになりました。

カツラ課長さん、応援しています。

2013/10/25 (Fri) 21:50 | EDIT | REPLY |   
redbird315">

redbird315  

redbird315">

> こたつねこさん

カツラ課長は体重がたった1.8キロしかないんですよ~。
それはまるで羽のようで・・・

ここ2.3日は元気が戻ってきて、食べる量は少ないにしろ
自分でお皿から食べようと寄ってきます。
全部平らげるにはサポートが必要なのだけど・・(;-д- )

昨晩もいつの間にかベッドに上がって枕元で寝ていました。
・・・まだまだ元気な証拠ですね・・・(´ー`)

2013/10/29 (Tue) 15:54 | EDIT | redbird315さん">REPLY |   

Leave a comment