redbird日和

飼い猫8匹+α+オットと暮す     ハワイと猫好きredbird315の毎日




居心地が悪い理由 :: 2017/03/06(Mon)
2/18から約2週間、地方に住む姪が下宿していました。
目的は大阪での就職活動。
現住所が地方だと、採用に関して企業は消極的(当たり前だ)。
もっとも、企業が欲しい人材ならどこに住んで居ようと関係無いのですが
そこまでのプロフェッショナルではな、ごくごく普通の事務職希望です。
大して大阪市内から近くもなく、最寄駅からは本数の少ないバス(とても複雑な路線)利用の我が家に
居候してまで大阪で就職を決めたかった姪。
最終的に就職先は見つかり、一旦は地元へ帰省していったのですが
我が家の事情を良く知らない他人と生活する窮屈さを感じました。

姪の性格や今までの生活習慣にもよりますが
我が家のルーティン作業になっている
掃除機掛け、猫10匹の食餌の用意、洗濯、晩御飯の支度・・・等を夜9時過ぎから毎夜行うことに
かなり戸惑っていたようで
私達が帰宅すると何一つ手伝うことも無く、ベッドルームに籠っていました(笑)

下着はお風呂で手洗いするように指示しましたが
それ以外は大して汚れていない外出着やパジャマが滞在中
数回お洗濯に回ってきました。
我が家は平日仕事が遅いんで、ジムの着替え等必要なものしか洗濯しません・・・

一日の行動予定は聞かないと言わないし
休日は夕飯の用意が必要なのか、無ければ無いで良いのか
こちらから尋ねる必要がありました。

滞在中、私達の出勤時刻(8:15)は寝てることがほとんどでした。
面接や私が用事をお願いした時は起床してきましたが、それ以外皆無(笑)。
帰省する当日の朝でさえベッドの中だったのには夫婦で閉口し
さすがにこれは母親である義妹に冗談を交えて注意しました。

わずか2週間の居候で見えてきた、他人との生活。
姪も窮屈だったでしょうが、私達もかなり窮屈でした。
実は窮屈にしたのは故意です。
そうすることで姪に危機感や焦燥感を少しでも感じて欲しかったから。
2週間で就職が決まって良かった。
ま。就職先が良いかどうかは別問題ですが・・・(爆)

愚痴にお付き合いありがとう。















  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:8