久しぶりに映画を観ました。

久しぶりにDVDをレンタルしました。観た作品はこの2本。
「ひまわりと子犬の7日間」「星守る犬」
どちらも作品が始まって数十分で大泣きでしたが、見終わって我に戻ると虚無感が漂いました。

「ひまわりと子犬の7日間」は宮崎県にある動物収容所での実話であり
2007年に『奇跡の母子犬』というタイトルでインターネット上で広まりました。
私も当時のブログを見ており心を打たれたので、映画化されてると知って驚きました。
ようやく観る事が出来たわけですが、ラストシーンがあっけなかったかな・・・。
劇中では主役の犬「ひまわり」の生い立ちを回想するシーンがあり、それは涙を誘う場面でもありますが
あれはあくまでも想像の域で、果たして本当の「ひまわり」の生い立ちは誰にも分かりません。
作品として盛り込まないとストーリーに成らなかったのは分かりますが、お涙頂戴過ぎてう~ん。
物語の最後は、毎日お世話をしていた職員に「ひまわり」は心を開き
殺処分を逃れることになりますが、そこがあっけな過ぎて残念・・・。
そしてそこで物語が終わってしまうこと。
わたし的には、職員の努力や沢山の応援の声があり殺処分を逃れた「ひまわり」以外にも
温もりを求めて叫び続ける犬や猫達が全国各地に沢山居るということを
もっと劇中で伝えて欲しかったな。
これを観た子供達は、単なる映画の中の一つ物語としか映らなかったのでは。
私達大人は子供達にこの矛盾した環境をどのように伝えていくのか
命を大切に想う気持ちをどう育ませていくのか、それが作品としてのメッセージと受け止めました。

そしてもうひとつ「星守る犬」。
この作品は動物好き、特に犬好きの人は見ない方が良いと思いました。
感情移入しすぎて作品本来のストーリーを見失ってしまう可能性があるからです(私がそう・笑)。
この2本の作品に共通して描かれている場面は、犬が家族と暮らした過去を思い出すシーン。
それほど犬という動物は人間社会に密接しているペットだということ。
この場面を観た私は、原発事故で飼い主と離れざる得なかった犬や猫達の存在が重なり
当時の犬達は飼い主が居なくなった軒先でどんな思いで数ヶ月を過ごしたのかと思うと
映画の内容そっちのけで胸が張り裂けそうになりました。
現代の社会情勢を描いた映画であり
突然社会からドロップアウトされた弱者目線に立ったストーリーがいつまでも心に重く残り
それに寄り添って生涯を終えた犬の人生がとても不憫で、愛犬家にはオススメ出来ません(苦笑)。
西田敏行さんの演技が言うまでも無く素晴らしかったので、それだけが救いかな。
原作を読む機会があれば読んでみたいと思いました。

以上、辛口レビューお許しを。






食生活を改める

fc2blog_20130925093953bee.jpg


11/6(水)。ジムのダイエットプログラムをやっとやっと卒業することが出来ました。
体重は、7/3の開始当初より7キロ減達成です。
そして先週、年に一度の職場の「健康診断」がありました。
前年度の結果から比べると体重は8キロ減。
検査する各科の看護師さん達に「頑張りましたね~~」と言われてちょっと嬉しかった。
一番肝心な血液検査の結果は後日なので、それまではなんだか落ち着きません。
生活態度を改めてまだ4ヶ月程度なので、その効果はあまり反映されていないのかもしれません。
ジムのトレーナーにも「今回の結果より、一年後の結果が楽しみですよね~」
と言われたし(汗)。

4ヶ月間で大きく変化したのが「食生活」。食事の「質」を意識するようになりました。
今までの私の好きなものと言えば
パン、乳製品全般(牛乳・チーズ・生クリーム・バター)、パスタ、ピザ、グラタン、スナック菓子、洋菓子・・・
中でも特にパンと乳製品が大好きで、食べる予定が無くてもパンと牛乳の在庫が家に無いと分かると
深夜営業のスーパーへ買いに走る程のパン好き・乳製品好きでした。
朝食は菓子パンとカフェオレ。ランチはコンビニのパスタと菓子パン。
夕食はグラタンとバターたっぷりフランスパン。そして23時からデザートタイム・・・。

食べた物をいざ記入し始めると、総摂取カロリーの高いこと!高いこと!!
一日の総カロリー数が2,000キロカロリーを超える日が多々ある・・・
その時の私の基礎代謝量は、たったの1,250キロカロリー程度しか無かったので
誰がどう見てもカロリー摂取オーバーなのは、体型を見れば一目瞭然でした(汗)。

どうすれば摂取カロリーを抑えることが出来るのか?
単純に食べる量を減らすだけでは空腹を満たすことは出来ない。
栄養バランスを考えて、空腹を満たす。
350キロカロリーを摂取するなら、菓子パンはたった一個で350キロカロリーに対して
おにぎり一個・味噌汁・納豆・玉子焼き1片食べてもほぼ同じカロリー。
空腹を満たしてくれるのは後者。栄養素的に見ても後者の方に栄養価があるのは明らか。
これを繰り返すうちに「食品目の置き換え」が自然と出来るようになり
洋食から和食、洋菓子から和菓子にシフトチェンジすることができ
総じてカロリーダウンに繋がったと思います。
トレーナーは食事に関してアドバイスはくれましたが、コレはダメ・アレはダメというような
禁止事項は一切言いませんでした。
それはダイエッとする本人が「何が必要か自分の頭で考えて食べる」
という一番大切な部分を意識させる為だったのではないかと思います。
ま、大金払っているので意識せざる得ませんでしたけどね(苦笑)。

今我が家ではパンと牛乳の買い置きはありません。
代わりに、豆乳・納豆・米は欠かすことなくストックしてます!

立つ鳥跡を濁した・・・

職場の後輩営業マンが退職しました。
2年半程度の勤続だったでしょうか。
同業者から中途採用されたのですが、採用までの期間に
本人から会社宛てに猛烈なアプローチがありました。
さぞ情熱的な営業マンなんだろう、と誰もが想像していました。
ところが蓋を開けて見ると・・・

成績はあがらず言い訳ばかりで、この2年間苦戦していました。
苦戦しているのか彼だけでなく、全営業マンが感じていること。
趣味をターゲットにしているでの、景気に思いっきり左右される業種。
それなのにいつもいつも言い訳ばかりで、どんなに励ましてその場は頷くものの
結局同じことの繰り返し。
何一つとして、注意したこと、アドバイスしたこと等を
見直したり、考え直したりする、そういった行動は全くみられませんでした。

遂にある日限界が来て(傍から見ると全然限界では無いのだけど)
涙を流しながら退職希望を上司に伝えてきたそうな(泣く意味が分からん)。
そして引継ぎ期間もたった1日という超高速スピードで退職した彼。
退職日の夜に全社員に宛てた「退職します」メールの文章中に・・・

「~~明日より有給消火となります~」


・・・(汗)。そして誰かがボソっと

『これがアイツのすべてやな。』

最後の挨拶文すら見直しもせず去っていったY君。
次の職場では「確認」することが出来ますように。
・・・きっと出来んな。南無~。


鳴呼~、家計簿・・・

ワタシのキライなモノ。それは・・・

【家計簿】

主婦なら付けて当然!?
私、今まで付けたこと無いんですよね(汗)。付けたこと無いのにキライって何やねんってね?
スマホの無料アプリとか探ってますが、コレ!というのが見当たらない。
というか「入力作業」が面倒臭くなってくるので、そもそも性に合わない(汗

家計簿を付けるオススメの方法があれば教えてくださいーっ!


歳取りました。

昨日、また一つ歳を重ねました(猫やなくて私です・汗)。
特別変わったことは無いけど、先月は生まれて初めて口唇ヘルペスが出来たり
昨日鏡見たら後頭部に10円玉ハゲが二つも出来てビックリ。
そしてまさかの右肩まで故障!?(話しの流れはコチラで)。
もしかしたら、この方の【厄】を吸い取ったのかも。

ちょっと~ワタシ、元気になったわよ。


これまで何度も「もうダメかもしれない・・・」と生死を彷徨ったカツラ課長。
今回も奇跡の復活を成し遂げました!
いや~もうほんと驚かさないでよね~、課長。
まだまだ長生きしてもらわんと困るのよ!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


3週間前は一人でゴハンを食べる事も出来ず、オシッコも寝たまま漏らしたり
「いよいよか・・」などど不謹慎な事を思ってたりしました。
自宅点滴を行い、僅かな食欲を頼りに少しづつa/d缶を口に運んでは
毎日ティースプーン2杯程度を食べさせるのがやっとでした。
それを続けること数日、段々と元気を取り戻してきました。
動物ってどんな時でもどんなものでも
自分の口から食べること・栄養を摂ることって大事なんだと再確認しました。

食べることは生きること!

生きることは食べること!


ダイエット中のワタシにも響く言葉です(笑)。








ダイエットプログラム受講修了間近

ジムの有料ダイエットプログラムを始めて早や132日が過ぎました。
手始めに「1回限りお試しプログラム」を利用したのが、6月26日。
7月3日から本番のプログラムを開始しました。
9月6日で受講は一旦修了しましたが、現在延長プログラムを続けています。
10月下旬には全ての受講が修了する予定でしたが
私の体調不良やトレーナーとのスケジュール調整があり
11月6日が泣いても笑っても最後のセッションとなりました。
(まだやってたんかい!って?)

受講する前は「3キロ落ちたらラッキー」と思っていました。
本来このプログラムは「2ヶ月で3キロ減(体重)、3センチ減(腹囲)」が軸になっています。
1ヶ月でたった1.5kgしか落ちないの!?って思うでしょう。
そうなんです。
2ヶ月で3キロ落とすペースが、ダイエッターの脳には一番良いんだそうです。
それ以上の減量になると筋肉量が落ちたり脳が飢餓状態と察し、リバウンドしやすくなります。
私の体重が5キロ減になった時、トレーナーは「体重の落ちるペースが少し早い」と心配した位です。
結果的には筋骨筋量はダイエットを始める前とほとんど変わらず
内臓脂肪と体重・腹囲ともに減量に成功。
そして最後の測定を前に、開始当初の体重から7キロ減が目前となりました!

昔からおデブなので、7キロ減ったところで小デブになった程度。
人によっては「え?痩せた?分からんな」と言われることもありますが(涙)
ユニクロのパンツが2サイズダウン出来たので、頑張った自分に拍手!

7キロ減達成も大事だけど、リバウンドしないようにこれからも頑張ります・・・。



プロフィール

redbird315

Author:redbird315
redbird315といいます。
アホがつく程の猫好き。
一度は猫の手を借りてみたい。
時々ハワイネタあり。
どうぞよろしく。

CALENDER

<< 11
2013
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセス

検索フォーム

QRコード

QR