redbird日和

飼い猫8匹+α+オットと暮す     ハワイと猫好きredbird315の毎日




お休みです。 :: 2009/06/29(Mon)
ブログはお休みしています。

週末は遠出していました。
遠征地?でゲットした・・・








KKドーナッツ!

だって、大阪に売ってへんねんもーん(涙)。
思わずダース買い(笑)。

コレ、USAだと全種類丸ごと味見させてくれるんですよね~。
関西にも進出してきてーっ。


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:3




白血病の猫のこと。つづき。 :: 2009/06/26(Fri)
「今この子を救うには輸血が必要です。」

ドクターはそう言いました。

そういえば、かかりつけの動物病院では
アニマルスタッフと呼ばれる院内で飼われている犬や猫が居ました。
彼らの役目は、「輸血が必要な子達の供血を行っています」と。

しかし、この病院にはアニマルスタッフは居ない様子。
じゃあどうすれば・・・?

「他数匹お家で飼ってますよね。その子から輸血します。
出来るだけ体格のいい子を連れてきてください。」

急いで家に戻り
(体格のいいヤツ?ヤツが一番いいけど・・・絶対捕まらん)
出来ればオスが良いと言われましたが、家の猫の中で一番従順な子を連れて出ました。

病院に戻ってからは、まず治療費の説明。
それから双方の血液型の判定~麻酔~採血~輸血~・・・

治療中、何度も涙が滲みました。
この子がまだ小さくて、職場の倉庫前の泥よけのマットの上で
転げ回って遊んでいた野良猫時代の姿を思い出しました。

ああ。
あのまま、本能のまま過ごしていたほうが良かったのか?
自問自答するたびに涙がこぼれ、何度も心の中で謝りました。

約2時間近くかけて、すべての治療が終わりました。
輸血前には

「人間の移植手術と同じです。拒絶反応を起こすこともありますから」

と念を押されましたが、特に問題が起きることはありませんでした。

午前中の診察時間はとっくに過ぎており、当然仕事も放ったらかし。
ひとまず会計を終え、領収書を見てまた涙が滲みそうになりました(苦笑)。

家に戻り、職場へ連絡を入れました。
私の猫好きは社内でも有名で
勤務先で保護した猫ということもあって、同僚達が心配してくれていました。

数時間後ケージを覗くと、いつもの格好でゴハンを催促する姿が・・・!
輸血によって元気を取り戻したのです!

ああ。
あの時諦めないで良かった。
そして、訳も分からず供血に大人しくしてくれていた
あの子にも有難うと!!!

翌日かかりつけの病院で再検査したところ
予想していた以上に赤血球の数値が戻っていました。
しかし、溶血は治まっておらず
まだまだ予断を許さない状態です。

心配していた急性白血病は幸い発症はしていませんでした。
これから投薬治療がはじまります。

どうやって、あの沢山のクスリを飲ませるか・・・。
少々アタマが痛いです。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




白血病の猫のこと。 :: 2009/06/25(Thu)
以前の記事にもあるように
我家には白血病のウィルスを保持している猫が一匹居ます。

今週の月曜日朝、いつもケージの中からゴハンの催促のため
ニャーニャー鳴いてうるさいあの子が静かでした。
ゴハンを入れてやるとほとんど口をつけず、すぐ横たわって寝始めました。
日曜日から急に蒸し暑くなり、「夏バテかな?」と思い
エアコンを掛けて職場へ行きました。

帰宅しても横たわったままで、朝のゴハンはそのまま。
ケージの傍まで行くと必ず体を起こし、「撫でて」と催促しに来るのに。
呼びかけてもうつろな目をしている。

「どうしたのかしら。」

病院はもう閉まっている時間。
夜間救急病院へ何度も電話を入れるも、こんな時に限って
不在案内のメッセージが流れるばかり。

翌朝、ケージを覗くと昨晩から様子が変わらず
タイミング悪くかかりつけの動物病院が休診日だった為
自宅付近の動物病院に連絡をし、診察してもらうことになりました。

過去の病歴や現在の状況を伝えた上で、ひとまず血液検査をすることに。
・・・10数分後、ドクターが言いました。

「ひどい貧血を起こしています。赤血球を調べるための数値の一つが
正常値の一割にも満たしていません。食欲うんぬんなんて状態ではない。
最低限の皮下点滴をして家に連れて帰って明日まで様子を見るか・・・」

そう。
ここはかかりつけの病院では無いので、獣医も治療の判断は私次第なのです。

私:「点滴をして様子を見てどうなるのですか」
医:「この状態ではおそらく今夜までです。(キッパリ)」



(えっ?今夜って・・・?この子が今夜までって・・・!?)



「余命宣告」というものを医師から受けたのはこれで2度目でした。

一度目は、今は亡き父が末期の肺ガンで1ヶ月の命だと告げられたとき。
ある程度私の中で覚悟があったのか、見舞いに行った時担当医師から呼ばれ
控え室で一人、父の余命を聞かされたときそんなに動揺は無かった。

「いずれ親は私達より先に亡くなるものだから」

父が亡くなる一年前に母が急死し、寿命というものに鈍感になり
かなりドライな考え方でその場を乗り越えたような気がします。

今回は違った。

まだ1歳なのに?なんでこんな目に?このまま死んじゃうの???

このまま家に連れて帰り、静かに腕の中で眠らせてあげた方が
この子の為だろうか・・・。

ちょっと待て。
まだ何も始まっていないのに、何様のつもりでこの子の命を絶とうとしてる?
長い闘病生活や老齢でこのような状態になってしまったのなら
それも仕方のない選択かもしれません。

でも、この子はまだ始まったばかり。
まだ頑張れるはずなのに、私はなんて考えを・・・!

ドクターが言いました。

『この状態を逸するには輸血が必要です』

つづく・・・


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




お休みです。 :: 2009/06/24(Wed)
更新が滞っています。
詳細は後日・・・




ハワイ オアフ島:クヒオビーチ




  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




動物病院はビックリ箱? :: 2009/06/22(Mon)
昨日はまた猫の予防接種に行ってきました(ここんとこ毎週だよ)。
我家の猫の中でも、もっとも野良猫に近いアイツを・・・

動物病院に連れて行くときは、1週間前からキャリーバッグの中で
ゴハンを食べさせることに慣らします。
ヤツは怖がりですが、食い意地は人一倍あるんで
そこをツイてゴハンを食べに来たところをゲッチュウー

急いで支度して動物病院へレッツゴー

院内では沢山のワンコが待っていて、色んな獣の匂いがするのか
キャリーバッグの中で小さくなっているアイツ。

ほどなくして診察室に呼ばれ、今日の担当は院長先生。
5種混合の注射を予定してる旨を伝え、

「じゃあ、出てもらいましょうかね~。暴れる?看護士さーん、補てんお願い!」

とキャリーのフタを開けた途端・・・

ぼよよ~~~ん!!!

院長&私「あ”っ

ものすごい勢いで診察台から去ってゆくアイツの後ろ姿・・・

「猫がそっちに逃げたー!」
「自動ドアの電源切ってー!」
「カラー持ってきてー!」

診察台から飛び降り、受付へ走って行き、受付カウンターを飛び越え
なんと診察室に乱入


家の中で追い詰めても絶対につかまらない強力な腕力を持ったアイツ。
「今日の診察どころか、本日は休診だな(泣)。」

ところがさすが看護士さん。
逃走からわずか5分くらいで、2名の看護士さんによって無事捕獲。
飼い主でさえ抱っこしたことないのに、しっかり看護士さんによって
抱っこされるアイツ・・・。

ウーウー唸りながら予防接種も無事?終え
家に着いてからはオットを見てはスタコラ逃げまくり・・・

院長をはじめ、他の獣医さんや看護士さんにとっては日常茶飯事のようで
取り乱すことなく冷静に行動していました。

院内には
「思いもよらぬことが起きるときがあります」
と注意書きがあります。

今回待合室にいた患者さん(ワンコ)達は飼い主さんによって
しっかりリードをつけられていて、多少びっくりしたものの
大きな騒ぎには至りませんでした。

時々小型犬をリード無しで抱っこして来院されている方を見かけます。
絶対にリードをつけて来院してください。
病院内は本当に何が起こるか分かりません。
獣医達も細心の注意を払い診察していますが、このように猫が逃走することもあります。
驚いて飛び出してしまったり、イスや家具で傷ついたりしないよう
待合室ではしっかりリードを持ち、飼い主さんの傍で待機させてください。

しかし、来月も予防接種しないといけないんだな~・・・

お会計の時にも
「来月も接種ですが、頑張って来院してくださいね。ププっ(笑)」
って・・・。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 家猫
  2. | trackback:0
  3. | comment:1




お休みです。 :: 2009/06/21(Sun)
ブログはお休みしてます・・・。



ハワイ オアフ島:グレイズビーチで見るサンセット





  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




招待ライブ :: 2009/06/20(Sat)
おとつい18日は、「なんばハッチ」へご招待ライブを見に出掛けていました。
誰のライブかというと・・・



ラルクアンシエルのギタリスト:「Ken」氏のソロライブ。


勤務先が、弱小企業ながらも音楽業界に携わる業種なので
時々こうやって「関係者様」としてご招待を受ける時があります。

コネクションの強さ?によって預かるパスの種類が異なります。
今回のコネクションは弱かったのか(苦笑)?、ロビーオンリーでした。
「ALL AREA」のパスを渡された時は、スタッフより

『終演後、楽屋裏までお連れいたしますのでご集合ください』

と声がかかります。
とは言っても、偉大なアーティストを前にして
「お疲れ様でした」と声を掛けるのが精一杯ですよ(汗)。

当のKenさんのライブですが、予習なしで飛び込んだので
ギターをほとんど持たないステージングにちょっと驚きでした。

やっぱりギタリストはギタリストであって欲しいな、という率直な感想です
(kenちゃんファンの皆様、お許しください)


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




COOPのお気に入り。 :: 2009/06/19(Fri)
我家はコープ(生協)の個人配送を使っています。
利用する前は「配送料かかるし・・・」と躊躇していましたが
使い始めると、使い勝手が良くってやめられません。
中でも、欠かさず買い続けている商品をご紹介

まずは・・・



フンドーキン社の「九州そだち 無添加あわせ」味噌


それから・・・




アサムラサキ社の「かき醤油」


この2品無しではredbird家の晩餐はありえません(苦笑)。
冷奴が欠かせないので(ジム後のたんぱく質とビタミンB2摂取の為・笑)
この牡蠣醤油は無くてはならない存在です。

フンドーキンのお味噌は、スーパーではこの大きさが売っていないので
チラシに掲載している週は絶対買います。

どちらの商品も、製造元から通販で購入することが出来ます。


それと、時々しか売っていない・・・


むらさきイモコロッケ・笑

これね~。大好きです
ほんのり甘くて、何も付けなくて十分美味しい
揚げたては、食卓の用意もままならないうちに1個は頬張ってしまいます。

あ~お腹空いてきた


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:3




運動のススメ。 :: 2009/06/18(Thu)
スポーツジムという場所に通いだして、かれこれ6年近くになります。

最初の数年は月に2~3回行けば良しの程度でしたが
ここ3年は週に2~3回と真面目に通っています。

周囲からは

「え?ジム行ってんの?(と上から下から目線)」

と疑われる体型ですが、通い出して私の中で一番変わった事と言えば
カラダを動かす事が日常的になった事です。
反対に忙しくて通えない週は、カラダがだるく頭がぼお~としています。


「運動する習慣を身に着ける」


これからは代謝も落ち、筋肉も落ちていきます。
出来るだけカラダを動かす機会を作り
体力維持(体型維持はムリー!)に努めていきたいと思います。


さて。
身についた次は、やっぱりダイエットかな
ブヒっ。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:3




名も無き亡骸。 :: 2009/06/18(Thu)
むしゃくしゃしたキブンでの仕事帰り。

職場を出てすぐ市営団地がある。
その回りはいつの年も数匹の野良猫が集まり
世代交代を繰り返している。

昨日は2匹の黒猫が駐車場でたたずんでいました。
黒猫は沢山いるので見分けがつかないのですが
うち1匹は右肩に引っかき傷のハゲがあり
他の子とは判別がつきやすかったのです。

今日団地の前を通ると黒猫が寝ていました。

「夜は涼しいからね~。」

と覗き込もうと近寄ると、ハエが。
右肩のハゲを上にして横たわっている姿は、昨日駐車場で見た子。
その瞬間悟りました。

「死んでる・・・」

オットと会社に戻り(夫婦同じ職場です)、スコップと新聞紙
そしてダンボール箱を持って団地の前まで行きました。

うっすら腐敗臭がしており、死後半日というところだろうか・・・。

亡骸を新聞紙でくるみ、ダンボールに入れ
近くの公園に埋めにいきました。

こうして外猫の亡骸を葬るようになって
一体何頭もの子達を見送ってきたんだろうか。
もう10本の指では足りない・・・

誰にも看取られず、誰にも発見されず
最期を迎える野良猫達の生活が気ままで幸せだと言い切れますか。
私はそうは思いません。

いつありつけるか分からないエサを求めて彷徨うより、
雨水で溜まった濁った水を飲むより、
暖を求めて茂みで眠るより、
いつも美味しいゴハンと、新鮮な水。
そしてフカフカのベッドで安心して眠ることが出来る
家の中の方がよほど幸せなことだと、そう信じています。

虹の橋へ渡った子たちへたむける言葉はただひとつ。

「もしまた猫に生まれ変わったら、暖かいお家の子になるんだよ」

と。


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. | trackback:0
  2. | comment:0




ハワイの美味しいもの。 :: 2009/06/17(Wed)
皆さん、アロハ!
仕事でむしゃくしゃする事があったので、ヤケクソ投稿です(苦笑)。



ハワイと言えば、「ロコモコ」?

このロコモコ。
フツーは白いライスですが、コレは炒飯なんですよ~~。
赤いベーコンが利いてて、半熟卵がイイ感じに溶けて
「マイウ~!!!」

それとハワイへ行くと必ず寄る


「ティディーズビガーバーガー」

ミディアムに焼けたパテが美味しいのです!
↑意外に無いんですよ。中までしっかり火が通ってるのがほとんど。

てなわけで、本日これにて失礼








  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




お休みです。 :: 2009/06/16(Tue)
お休みしてます・・・。

鳴呼~。ハワイ行きたいっ。

オアフ島東海岸:カイルアビーチ

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




お昼の友 :: 2009/06/16(Tue)
勤務先ではお弁当です。
お弁当と言っても「手作り」じゃないですよ。
オフィス街界隈に移動販売してるお弁当屋さんのベントーです。
しかも午後1時を過ぎると半額になるのです~。



これでナント250円!豪華でしょ~(嬉)。
そしてお弁当のお供が・・・




ハマってます(苦笑)。


時々漫画が読みたい時期があるんですよっ。
『オスカル!』 『アンドリャ!』
フフっ。いいですよ~。

そしてオットは「ベルばら?花屋の娘の話。シモーヌやっけ?」
アナタ、それは「ラ・セーヌ星」デス・・・


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:3




猫日和 :: 2009/06/15(Mon)
紫陽花がキレイに咲く季節ですね。
しばらくの間テンプレートを変えて、キブン転換!

先週末は猫一色の土日でした。
冒頭のサブタイトルにもあるように、我家は6匹の猫と同居しています。
その中でも一番の新入りが「猫白血病」というウィルスを保持しており
感染力が強いので、他の猫との接触を避けるために
今は3階建てのケージにて隔離しています。

元々は職場に現れる「しゃこ」という猫の子供で、小さい頃から人懐こく
繁殖期を前に不妊手術をさせよう、と連れて帰った子でした。
ところが時既に遅し・・・
この子のお腹には4つの小さな命が宿っていました。
しかし、野良猫が出産し4匹もの子供を育てていくには
危険と隣あわせ、過酷な環境が待っているのは分かっていました。
事実、この子にも他4匹の兄弟が居ましたが
ある日を境にパッタリ姿を見せなくなりました。

獣医と相談した結果、堕胎と避妊手術を行いました。
4つの小さな命は、病院経由の動物霊園で供養して頂きました。
そして、当の母猫(「しゃここ」と言います)は
もうすぐ生まれてくるであろう子供達の為に
おっぱいをふくらませ、スヤスヤとキャリーバッグの中で眠っていました。

人間の勝手な思惑で不妊手術を行い
生まれてくるであろう命を奪い、そして又リリース(元の生息地へ戻すこと)・・・。
しばらく落ち込み悩みましたが、里親を名乗り出てくる人が現れました。
それは転機!と思い、里子に出す準備の為ウィルスチェックを行いました。
ところが・・・

「猫エイズ:陰性 猫白血病:陽性」

真っ白なハンカチに、真っ黒のインクを落とされた気分でした。
幸い発症はしておらず、いわゆるウィルスを保持している「キャリア」という
状態であることが判りました。
しかし、一度発症してしまうと治療方法はなく、「延命治療」のみになってしまう。

残念ながら里親さんへの譲渡は諦め、家族会議の結果
redbird家の一員になることが決定しました。
しかし発症はしていなくともウィルス感染の危険性が高く
他5匹は陰性であり、接触を防ぐために大きなケージで保護していました。

最近になり、「一生ケージ生活でいいのか?」とギモン。
猫は適応能力が高い動物ですが、やはり運動不足による便秘やストレスが見られ
他の猫と同居させることを決心しました。

そのためには、陰性である他の猫達にも「猫白血病」のワクチンを打たせることが
最優先でした。

この週末がその日。
一気に病院へ持ち込むことはしんどいので(苦笑)、2回に分けて通院。
通常は3種混合という予防接種ですが、白血病ワクチンは5種混合接種になり
値段は3種混合に比べると倍になります。

そしてお会計。
「合計29,400円になります」・・・(驚)!
クレジットカード払いにして病院を後にしました。

診察室でドクターに、
「来月もう一度接種してくだいさいね~。それからは一年一回ですから。」

はっ。忘れていた!
そう、ワクチン接種は一度ならず1ヵ月後にもう一度接種させないと
カラダがワクチンを認識しないのです。

私「・・・(汗・汗・汗)。」

猫日和はまだまだ続きそうです。ハア~・・・。


テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 家猫
  2. | trackback:0
  3. | comment:4




今日の一言 :: 2009/06/14(Sun)
『あてにするから 腹が立つ』

どうですか、皆さん?

この歳にしてまだ成長する妻を黙認するオット。
もうアテにされていないってコトかしら~?ムフーっ。




  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2



次のページ