See you ,Kosuke!

猫の駆虫薬一覧表


※表示内のお薬は、この医院で扱っているお薬のみとなります。


久し振りに赤ひげ獣医師のところに、外猫の口内炎のお薬を貰いに行ってきました。
そこで頂いた「駆虫薬一覧表」。
絵心満載!先生渾身の作品です(笑)。

こうやって見比べると、お薬によって駆除出来る寄生虫が微妙に違うのが分かります。
野良猫を保護したらもれなく「ノミ」が付いてきます(笑)。
その次に多いのが「疥癬(カイセン)」。体中ハゲになってる子は疥癬に掛かってます(狸にも多い)。
ここまでだと塗布薬の「レボリューション」が一番効果を表します。
で、次に多いのが「回虫」と「瓜実虫(サナダムシ)」です。
お尻からソーメンみたいな虫が出てくるヤツです・苦笑(ギャーーっ!)
健康のはずなのに、食べても全然太らない痩せてる子はお腹に虫が居る場合が多いです。
これは塗布薬では駆除出来ないお薬が殆どなので、大抵は飲み薬で対処します。

この3つ(4つ)の寄生虫は、野良猫出身だとほぼ居てると思って間違いないです。
室内飼いの場合は、ノミ・ダニ対策で大丈夫だと思います。
なので低価格のアドボゲートでもOKだし、数百円しか違わなければ
幼虫や卵にも効くレボリューションが一番良いようにも感じます。

飲み薬に関しても、飲み易さや与え方を考慮して
個体にあったお薬を処方して貰うのも飼い主さんの重要な役目だと思います。
何でもかんでも「医者で取り敢えず薬貰えば良い」ってもんでは無いですね。
だって「家族」の事を一番知っているのは飼い主しか居ないですから!










暑いのは分かるけど




ダレ過ぎやろー!!
と、猫もだるだるしたくなるくらい
灼熱の大阪からでした(´-`).。oO

プライスレス?



先週体調不良で高熱を出してたヒト。
普段まれにみない元気の無さだったので
意を決して病院に行ったところ、家猫達以上に健康優良児だった(汗)
そしてその証明に払った代償は…




次の給料日、早よ来んかな(涙)

たま駅長がgoogle chrome に登場



Google chrome を開いたら
バナーにたま駅長が現れた(笑)
命日は先なのに何でや?

今日から連休の方も居るのかな?
私は久しぶりに風邪引いて体調不良。
大人しく家に篭って整理してたら
33600円の現金が出てきた(笑)❗️❗️
でも何に使うつもりのお金やったんやろか…
ま。いっか‼️

飼い猫は完全室内飼いで!

今年は花粉症が例年に比べて酷いようで
鼻水はズルズル、目は痒くて掻きたいのをグっとこらえているにも関わらず
まぶた上がボッコボコの真っ赤なのは何故ナンデスカー(涙)!?

という話を退職して同業者になった元後輩に話していたら
「猫が花粉付けて帰ってきてるんちゃいますか?」と言うじゃない。
アンタねー、ウチの猫は完全室内飼いやのに
花粉付けて帰ってくるもクソ(汚くてスマン)もあるかいな!と言うと驚愕してた。
猫は出入り自由だと思ってたらしい。
猫ってそんな飼い方するんや!とまで驚いてました。
世の中にはまだまだ猫は外で自由に走り回る飼い方がデフォと思ってる人、
よーさんおるんやろうなあ~と感じた一幕でした。

家猫修行中

元気にすくすく成長中ー!元気過ぎて皆(人間・@猫x8)やや手こずってます(汗)





本気以外要らない

「飼ってあげたいねんけど~」
「目の前に現れたらな~」
「人から貰い受けてまではな~」

1匹も飼ってないのにコレ言う人
私、信用出来ません。
要は飼う気無いよね❓
無いんやったらハッキリ言うたらいいのに。

「飼えません」って。

家族が~今は~時間が~なんちゃらが~とか
言い訳に興味示す程、私暇じゃ無いですから。

以上‼️




順調☆

「えーまた拾ったん?」 「どんだけ増えるねん!」 「一体何匹おるん?」
そんな皆様の心の声があちこちから聞こえてきそうですが
当の保護したチビは正しく「子猫」に日々成長しとります( ̄^ ̄)ゞ
例の如く、我が家恒例のセンス無い命名(ほっとけ)を計画してましたが
今ひとつピンと来るものが無く、まあ・・・とりあえず8月やし~8月と言えばお盆やし~
盆にしとく?ってことで盆(仮)に決まり☆

成長の時期を待って、ウィルスチェックを終えたら
正式に新しい飼い主さんを探す予定です。
それまでは我が家の8匹と共に家猫修行をしてもらいましょう!








ありがとうございます~



会社に何やら怪しいブツが届いた。
開けてみると・・・Wow!キャットフード&人間の食べ物(笑)!
昨年の夏ジムの敷地内で保護し、東京へムコ入りした
ニコルちゃんのお母さんからのお届けものでした。
ご支援ありがとうございます!!!
大切に食い散らかし・・・もとい、大事に使わせて頂きます。

肝心のニコルちゃんは、婿入りしてちょうど一年になりました。
現在の様子はというと・・・

ででーん!



あ。失礼失礼(汗)。
こっちが正真正銘のニコルちゃんです!



長生きしろよー、ニコ吉!




ラッキーやん

先週水曜日、出勤途中に子猫を保護しました。
毎朝横切る大きな公園で、子猫の鳴き声が聞こえ
声のする方に近寄ると、ペットシーツが敷かれたダンボール箱と
水の入ったペットボトルが散乱しており
すぐそばの茂みで小さな小さな子猫が鳴いていました。
逃げないようにそっと近付くと、全く逃げる様子も無く
難なく捕獲成功。
手のひらに乗っかる大きさで、小さな小さな瞳には
瞳が覆いかぶさってしまう程目ヤニがビッシリついていました。
多分視界が無くて不安で鳴き叫んでいたと思われます。
(保護以降、そんな大声では鳴いていないので)
迷うことなく一緒に出勤。
こんな時、ゆる~い会社で良かったと・・・心底思いました(苦笑)。

お湯で濡らしたティッシュで何度か顔を拭くうちに目ヤニはすっかりとれ
意外に元気な子猫であることが分かりました。
とにかく人が大好きで、行くとこ行くとこ付いて登ってくるので
その日は一日仕事にならず(笑)。
用意した猫トイレ(何故会社に猫砂がある?)に入れてやると、躊躇なく排泄・・・(笑)。
今まで保護した猫の中で一番人馴れしているように思いました。

前日の夜公園を横切った時にはダンボールは無く
おそらく当日の早朝か、夜間に遺棄されたと推測します。
この公園は以前からTNRされた数匹の野良猫達が暮らしており
夜間には毎日一人の女性が給餌しにやって来ます。
多分その様子を知っての犯行(でしょ?)、確信犯でしょう。
こんな小さな命を遺棄するなんて許せない!
そして誰もが気付く位大きな鳴き声だったにも関わらず
誰ひとり見向きもしないで立ち去る大人たち。
まあ、腹立つとこはたくさんあるけど
とりあえず私達に保護されてラッキーやったんちゃう!?(と自分で言ってみる)




合掌

私の大好きな猫ブログの一つ「アメショっす!」の銀ちゃんが急逝しました。
突然の事で本当に驚いています。
いつも通り過ごし、いつも通りゴハンを食べて、いつも通りに同居猫のラムちゃんと
寝ていたそうです。
2匹の寝姿を確認した時にはすでに銀ちゃんの息は無かったと日記には記されていました。
病院での診断は、おそらく急性心不全か脳梗塞かと。

これを見て私の頭をよぎったのが、我が家の番長「きよこ(没)」
きよこも全く同じ様子で、夜ゴハンを食べ、トイレにも行き、至って普通に家中を歩いていたのに
突然階段から転げ落ちて来て、ピクリともすることなくそのまま亡くなってしまったのです。
きよこの年齢は10歳でした。

テレビ東京の報道番組「週刊ニュース新書」の看板猫「まーご」も心不全で亡くなりました。
年齢は8歳。銀くんも今年で11歳を迎えるところでした。
シニア猫にとって突然死(実際には何らかの疾患がある)は少なくない例なのかもしれません。

何がペットにとって幸せな最期なのかは知る由もありませんが
突然最愛のペットを失う飼い主の悲しみは計り知れません。

銀ちゃんのご冥福をお祈りします(合掌)。









動物病院にて思ふ

昨日の大阪梅田の車衝突事故。職場の近くでした。
ランチ中やたらと緊急車両が何台も通りすぎて行くな~と思ってたら
あんな惨事になってるとは・・・
あの場所もしょっちゅう行くところなんでゾっとしました。
被害に遭われた方のご冥福をお祈りします。

閑話休題。

1月の終わり頃。
家猫の長老猫「毛玉」姐さんの膀胱炎が発覚して
久しぶりに動物病院通いをしてました(言い方ヘン?)。
この時期の動物病院は比較的空いて気分的にラクです。

今くらいの時期から犬の各種予防接種がドドーンと始まり
待合室はイヌ・犬・いぬだらけに。
猫飼いは待ち時間中、非常に肩身の狭い思いをするので(苦笑)
よほどの症状が無い限り春~夏は避けるようにしています・・・
最近は急患や重篤の患畜待ち時間緩和のため
予防接種は予約で受け付ける病院が多くなりました。
これ、助かります!

さて、久しぶりに動物病院に行きましたが
相変らず、リード無しの小型犬とかキャリーケージ無しの猫を連れてる
飼い主さんを見かけました。

猫をそのまんま抱っこして連れてくる飼い主に対しては、本当に疑問です。
いずれの猫もとても大人しい猫でしたが、一度パニクり出すと
抑制が効かないのが猫です。
この病院の立地は、片側2車線ある幹線道路沿いで
もし猫が誤って駆け出したら・・・想像しただけで怖くなります。
私は車からキャリーケージを降ろす時は、車内で何度も扉のチェックをするほどです。

自宅の近くで毎晩5匹の小型犬を連れて散歩している方がいます。
3匹はリード有りですが、他2匹はフリー。
飼い主はといえば、タバコを吸いながらスマホでおしゃべり。
2匹の犬は飼い主の傍から付かず離れずの距離を保って歩いていますが
この通りも住宅地にあるとはいえ、駅に向うバスや自家用車が往来する主要道路で
見ている私達はいつもハラハラするのです。

犬や猫は理由無しに暴走したりしません。
その理由が合致した時、危険から回避することが出来るのは飼い主だけです。

何度も思うけど、こういう人達は一度痛い目に遭わないと
何が大事かに気付かないんだろうなあ~。
でもそれではあまりにも犬や猫が気の毒なので、ひたすら何も起きないことを祈るばかりです・・・

長文失礼致しました。









猫の嫌がること

毎年元旦にお参りしている神社とは別に
立春大吉のお札と当り矢を返納しにいくお寺があります。
独身の頃から家族でお参りしているお寺です。

5年前、境内から突然姿を現した黒猫。
むっちりしたボディとカットされた右耳を見ると
寺の中でお世話されているのが分かりました。
それからはその黒猫会いたさに詣でるようになりました。

去年は会えなかったけど、今年は・・・




出て来てくれました!
敷地内のある一角を住みかにしているようですが
不思議と私達が通りかかるタイミングで、どこからともなく現れる黒猫。

2年ぶりの再会を喜ぶ(笑)。

しばらく猫と戯れていると、従業員(?)のオバチャンから
「もう猫嫌がってるから放したってくれる?」って言われました。



・・・・。

・・・・。

・・・・。



私も一応ね、オトナなんでね、放しましたよ、猫。
でもね、ワタクシ猫歴13年。
たった13年ですが、飼い猫8頭以外にも
沢山の猫に触れ合ってお世話してきました。

何が言いたいかと言うと…


私が猫の嫌がる事をする時は
予防接種と不妊手術とその為の捕獲のときだけじゃー‼️

で、その後おみくじ引いたら…(; ̄ェ ̄)



どっちがどっちと聞くな…_| ̄|○










真夜中のフロントライン



ジムから帰ってきて深夜0時(写真は今朝撮った)。
あら。エテ吉さん、ご無沙汰ね~。
最近近所で下水工事が始まって、昼間はガガガガうるさいので
めっきり登場回数が減ってました。
ところが久しぶりに見ると何だか目つきが悪い・・・・
眉間のあたりの毛並がなんか怪しい・・・

下写真:今年の春頃

鼻回りが綺麗です。


蚊アレルギーがあるようで、今年の夏は耳をしきりに掻いていました。
フロントラインを付けても蚊除け効果は無いので、どうしようもなくて・・・
ウチは家裏が手入れされていない畑なんで、蚊が超多いんです(泣)。

で、エテ吉の頭を触ると岩みたいにゴツゴツしている・・・
ハイ!猫好きな方ならピーンときましたね。
これ、疥癬なってるやん( ̄Д ̄;; そんな時はまずはダニ駆除が一番!
ってことで、夜中にフロントラインがすぐ出てくる我が家って一体・・・(^▽^;)

メシうめー!


このあと乾布して、おかわり5回してスタコラ闇に消えていきました。完!

今の悩み



我が家のベランダ猫2代目(今何代おんねん・汗?)「ハート」ちゃん。
ベランダでお世話するようになって早や6年目位でしょうか。
初代ベランダ猫「ヨハネ」が愛用していたヨハネハウスが老朽化してしまったので
新しいハウスを用意しました。
(ヨハネハウスを知らない方はコチラ → 
間口がちょっと大きい過ぎるけど、無いよりマシかな・・・
真冬はこの中に毎朝毎晩湯たんぽが豆乳・・いや投入されます。

このハートちゃん。
近頃口腔内の具合が悪いようで、口に何か挟まってそれを取る様な仕草をします。
手先もヨダレで汚れています。
だけどカリカリもゆっくりだけど食べて、スープも一生懸命飲んでます。
本当に調子が悪ければ食べると叫んだり、食べることを諦めたりします。
そうなる前にやっぱり一度受診したほうがいいのかなあ。
お外の子は食べることが最優先なので、今一番の悩みです。

何都物語

去る8/29。
譲渡引渡しのため、東京都のとある町まで「ソリ吉」をお届けに行ってまいりました。
東京はもとより、飛行機より断然新幹線の乗車回数が少ない私(汗)。
しかも猫同伴なんて、無事に辿り着けるのか正直不安でしたが
意外になんとかなるもんやね(笑)。
ソリ吉も元々大人しい子なので、自宅を出てからは一度も鳴くことはありませんでした。

新横浜駅から在来線に乗り換えた際、人身事故が発生し
里親さん宅まであともう少し!というところで足踏みしてしまうトラブルも発生しましたが
なんとか無事に自宅までお届けすることが出来ました。
里親さんは、この日の為にお赤飯を炊いて楽しみに待っていてくださったにも関わらず
当のソリ吉はケージから出るや否や、カルカンパウチを半分食べたら
TVボードの後ろに籠城していまいました(汗)。

この日お母さん以外のご家族は外出中でしたが、数日後こんな写真が届きました。

fc2blog_20150904100514ff5.jpg

すっかり馴染んでるやん・・・(ジェラスイ~~~~)!
そしてお父さんからは、ソリ吉改め「ニコル」ちゃんという新しい名前を貰いました。
これからはF家の皆さんにいっぱいいっぱい可愛がってもらうんやで!
F家のみなさま、ニコ吉・・・いや、ニコルちゃんをどうぞどうぞよろしくお願いします!
Fさんを紹介してくれた叔母にも感謝です。

TV好きのニコルちゃん
fc2blog_201509041011133b1.jpg
ジャポン頑張るのでちよー

またTV観てるニコルちゃん・・・
fc2blog_2015090410092001c.jpg
読めないでちねー

大好きな(?)息子さんと
fc2blog_20150904100656360.jpg
ボーイズラブでちよー


fc2blog_20150904102113d7f.jpg
そんなワケで、関西さいなら!


・・・冷たっ!



達者で暮らせよ、ニコ吉~(涙)。





出発の日の朝



にいちゃん、世話になったでちよー


…しゃこのこの顔(笑)。

子猫保護経緯から里親決定まで。


「加齢臭がするでちよー!」

最年長と最年少(笑)。


翌日夫と話し合った結果、ダメ元でお見合い話に乗ろう。
でアカンかったらウチの子でええやん、ってことにまとまりました(早っ)。
だからどっちにしろウィルスチェックに行こう!という事になったのです。
結論から言うと、FeLVFIV共に陰性。
胸を撫で下ろしたのも束の間、そのお見合い話はやっぱり無かったことになりました(泣)。
ま、想定範囲内なんで驚きはしませんでしたけど。

ウチの子記念で早速命名。その名は「ソリ吉」。
ソリ吉って何やねん!
今さらネーミングセンスの無さに突っ込まないでください(汗)。

とまあ、ウチの子に迎える気満々で居たんですが
いやちょと待てよ・・・気になる人がおる・・・
可能性はかなり低いが、こうなったらイチかバチかで当って砕けろじゃー!
結果・・・


婿入りが決定しました~




近年飼い猫さんを2匹亡くされた方で、知り合いより私達が野良猫のお世話をしているのを聞いて
残っているフードをお世話の足しにと、以前譲ってもらったことがあったのです。
その時は、今は新しい猫を飼う気は全く起こらないとおっしゃられていたので
可能性はゼロに近いよな・・・と思いつつも一応お声がけしたのです。
するとひょんな出来事がキッカケとなり、是非ともウチに!と言ってくださったのです。

ずっと先住猫さんの死を哀しんでおられて、ご家族にも「又飼えば良い」と言われるも
やはりそんな気に全然なれなくて、来る日も来る日も先住猫さんの夢を見ていたそうです。
そんな時、私の知り合いから子猫を飼わないかと薦められてるけどどう?と話があり
ご縁を感じて今回の里親さん決定に繋がったのです。

ということでソリ吉は明日、東京のお宅に婿入りします~。
初めての猫連れ新幹線旅に少々(私が)ビビってますが、ソリ吉のためならえんやこ~らどっこいせ。
F様、あともう少し、もう少しお待ちくださいね!











子猫保護経緯 その3



イカ耳になってるやん(笑)。


8月に入り懸念材料が出てきた。
お盆期間中、横浜へ1泊2日で出掛けることになっていたから。
それまでに毎日たった1回の給餌を、今か今かと待っている子猫をどうするか・・・
たった一日。されど一日。
悩みに悩んで、友人宅に一日だけ預かってもらうことに。
(自宅猫達はペットシッターさんのお世話になりました)

そして横浜から帰阪してすぐ子猫を迎えに行く為に友人宅へ連絡を入れました。
この時点ではまだ我が家へ迎え入れる予定はなく、引き取り後とりあえず元の場所へ返す予定でした。

ところが、友人の知り合いで「飼っても良い」と言う人が居ることが分かったのです。
ただ確証がなく、家族全員に聞いてみないと分からないしNGの場合もある・・・
でもとても猫好きの人達だからお見合いすれば成功率が上がる。
ひとつ条件があって、過去に病気で飼い猫を亡くしているから健康な子であって欲しいと。
だから元の場所に戻すのは少し先に出来ないか?と言ってきたのです。

私は迷いました。
改めて里親に出すということは、安易に「はい、どーぞ!」とは譲渡出来ない。
希望している方の言う通り、健康=ウィルスチェックは欠かせないのだ。
私自身が過去に飼い猫や保護猫を白血病で亡くしているせいもあって
保護したのちのウィルスチェックにはナーバスになっている部分がある。
もし検査を行って陽性だったら・・・・?
最期の時を知っているだけに、無責任に又野に放つことなんて到底出来ない。
野良猫を保護するということは、それなりのリスクを背負う覚悟が必要だ。
友人宅にもすでに数頭の猫が居て、家族からこれ以上増やすなと言われている。
だから何かあってもうちでは飼えないと・・・

子猫にとって飼い主が見つかるが最良の道だと分かっていながら
私は自分可愛さのあまり、その話しを渋ってしまった。
帰宅直後で疲れていたせいもあってか、友人に八つ当たりするような自分が居て
これはヤバイと思い、一先ずもう一晩預かってもらうことで落ち着き
その日は眠れない夜を過ごしました。

もうちょっと続く。








子猫保護経緯 その2

どうするもこうするも・・・




保護するしかないやろ!




はあ~。また1匹増えるのかあ~・・・
1匹去っては又1匹増えてる・・・
もしやこれはわんこネコ!???
だからって、嬉しいような哀しいような(笑)。
この気持ち分かる人居ますよね。(ね?すずさん!)

初めてこの子を見掛けて、ごはんを与える続けている時から
夫と私の間に暗黙の了解はすでにあったと思います(笑)。
ぜーったいウチの子になる・・・ならない理由が見当たらない・・・泣笑。
これが外猫に給餌するときの覚悟かと。
その覚悟が無いと、むやみやたらに野良猫にエサを与えてはいけないと
常々私は思っています。

で、私達夫婦の思惑通り迷うことなくマイ猫屋敷へ!(笑)
の前にちょっとした出来事があって
その結果我が家に来ることになった経緯があるのです。

つづく。

子猫保護経緯



6月の下旬だったかな。
スポーツジムを終えて帰ろうと、ジムが入っている商業ビルの駐輪場に行くと
何か小さな白い猫がサササーと逃げるのが見えた。
もう一度目にするとやっぱり小さな子猫だった。

そこは駅前で、特に食べる物にありつけるような場所は見当たらない。
無いわけではないが、その場所へ行くには子猫にとってはかなり大冒険になる。
ということは、エサにありつける前に事故に遭う確立が大きい・・・

夫と顔を見合わせ、子猫が逃げて行った方向のビル敷地内の植林の陰に
わずかなドライフードを置いてその日は帰宅しました。

翌日(ほぼ毎日ジムに行くので・汗)そのドライフードはキレイに無くなっている。
その日も同じ場所に多めのドライフードを置いて帰宅。
それを繰り返すこと約一週間。
私達の足音を聞きつけると、植栽の茂みから「ミー!」と大声で鳴いて出てくるようなる。

それから毎晩そこに通い、給餌・換水を繰り返し、最初は怖がって近寄ってこなかった子猫も
夫がいつも身に付けているキーホルダーが擦れる音がすると
遠くからでも大声で鳴いて通りまで出てくるようなりました。
時には、遠くで鳴るキーの音を聞きつけては全然別の人の前に飛び出し
通行人を困惑させていました(汗)。
(間違えられた大抵の人は近くのコンビニでフードを買って与えてくれていました・笑)

ジムの行きに様子を見に行くと
植栽の茂みに隠れ、じっとゴハンを待っている姿は本当に健気でした。

(これは何とかせなあかんよな・・・。でも、何とかって言ってもさ・・・汗)


つづく。






はじめまして




…誰?勘吉??
鳴呼、やっちまったよ(; ̄ェ ̄)

上半期の目標達成っ(涙)!

今年の上半期の我が家の目標(そんなんあったか?)だったアイツ・・・



やっと仕留めました!(涙)



ここ何処や?


いつ頃からか、ボロ吉と入れ替わりにウチにゴハンを食べに来るようになったエテ吉(勝手に命名)。
去年から捕獲を試みてるのに何故か当日だけ姿を見せない(爆)。
野良猫の捕獲ではあるあるなんですが、前日まで来てたのに当日来ない・・・
なんてことを去年から繰り返すこと4回。

今年に入ってから6月7月と捕獲器をセットしましたが、一向に姿見せず。
絶対誰か(ってダレやねん)チクってる・・・

半ば諦めモードで仕掛けてみること数時間・・・・、ん?入ってる~~~\(゚∀゚)/
しかも一度は捕獲出来たもの、強烈なボデーアタックを炸裂して
捕獲器をブっ壊して脱走したんです(汗)。
で修理しているところに再登場(爆)。で、再びセットしてあえなく御用。

いつもの赤ひげ先生のところで去勢処手術と耳のVカットを処置してもらい
あとは余生を事故にだけ気を付けて生きろよ、と願い解放。

一番気掛かりなのは、術後姿を見せてくれない時。
もしかして不都合があって倒れてるんじゃ・・・とか。
なので再び顔を見せに来るまでは、ちょっと安心できないのです。

2日間欠席(笑)してましたが、空腹に耐えかねたのか3日目には
出勤してきましたよ!


   アタシはチクってなんかいないわよ。明日アンタ、タマとられるなんてー

今日も元気でメシがうめー!          

捕獲器にアタックした時に出来た鼻の傷が痛そうですが、コレは時期に治ります。
2週間効く抗生剤の注射も打ってるので、術後の患部も耳カットも膿んだりしません。

はあ~

なにわともあれ、去年からずっと懸念していたコイツの手術と
サビエルの歯科処置が無事終わって、上半期の我が家の目標はひとまず達成☆


下半期の目標?
それはそれは、まあ~色々あるかな。
ほら、支払いとか支払いとか支払いとか・・・・(涙)。

たま駅長逝く

和歌山のたま駅長が亡くなりました。
16歳だったようです。

…ショックだ~(;_;)

夢占い

普段からよく夢をみる方です。大人になってからは寝惚けることも・・・(汗)。
昨日こんな夢を見ました。

亡くなったカツラ課長(猫)が捕まえようとしても家の外へ逃げていくんです。
そして庭の樹は何故か燃えていて、何度消しても消しても又火がつく・・・
目覚めてなんかイヤ~な感じというか、ワタシ疲れてる?と思って
産まれて初めて夢占いなんかググってみました。そしたらね・・・

・死んだペットが出てくる
苦境から抜け出せる事を意味する。安定を求めている頃を表す。

・ペットが逃げる
自分の存在を否定される。

・火がなかなか消えない夢
精神的に不安定であり、ちょっとしたトラブルでイライラが最高潮に達してしまう可能性があり。
必死に感情を抑えようとしているが、何かの拍子で我を忘れてしまう可能性も。
周囲との付き合いなどはしばらくはほどほどに。

ドンピシャリやん(笑)。当り過ぎてて怖いわ!

落ち込む月曜日

昨日は一日ひどく機嫌の悪い一日だった。
それは朝いちからこんなニュースを見たからだ。



高校教諭、子猫4匹を生き埋め・・・



夜の報道番組やTVニュースでの取り上げられていたので
この事件を知った人も多かったかと思います。
教育現場のこのような行動を犯す教育者が居ることに寒気がしたし
同時に堪えようのない怒りが込み上げてきました。
ある農業高校ではこんな取り組みが行われているというのに・・・




命の花プロジェクト







私は今までこれらの取り組みを知りませんでした。
同じ教育の現場で、どうしてもこうも違うのだろうか・・・

この日の夕方。
職場の近くの公団に住む、猫友のおばちゃんちの1匹が天国に逝ったと聞かされました。
3週間前に体調を崩して病院に連れていくと、「猫白血病」を発症しいると診断されたと。

またかよ・・・・

それどころか、この子はくつ下の兄弟。美奈子ママの子供のうちの1匹なんです。
この子は発情する前に私達が避妊手術に連れて行ったので、恐らく母子感染だと思います。
猫白血病は幼い頃に感染すると、3歳までにほとんどが発症し死に至ります。
もしかしてくつ下も感染していたのかもしれません。だから・・・


夕方から気温が下がり、冷え込みがひどかった昨晩。
外で暮らす猫達の暮らしが不憫に思えてならなかった。





















プロフィール

redbird315

Author:redbird315
redbird315といいます。
アホがつく程の猫好き。
一度は猫の手を借りてみたい。
時々ハワイネタあり。
どうぞよろしく。

CALENDER

<< 11
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセス

検索フォーム

QRコード

QR