redbird日和

飼い猫8匹+α+オットと暮す     ハワイと猫好きredbird315の毎日




夕日ヶ浦温泉旅館 「静 花扇」⑤ :: 2012/05/22(Tue)
翌朝。奇跡的に、夫婦で5時過ぎに目覚める(笑)。
折角なので、海岸沿いを散歩しに出掛けました。
歩いている人はおらず、漁港に向かう車が数台通過しただけでした。

そう言えば、こちらでは夜間や早朝にウォーキングやジョグをしている人は全然見かけません。
良いロケーションが沢山あるのに、それらしき人は全く見かけません。
全く居ないわけでは無いと思いますが、都会でよく見かける光景はここにはありません。
少し言い方を変えると、都会で生活している人達は「オシャレの一つ」として
生活に取り入れている部分があるからなのかもしれません。
本当に良い場所がいっぱいあるだけに、ちょっと残念に思いました。

さて、宿に戻って軽くお風呂に入ったら朝食に向かいます!


特に目新しいモノは無いかな。。。

118_20130123181459.jpg


左脇に写っているサラダやその他梅干やちょっとしたおかずは
バイキング形式になっています。ハーフバイキングと書いてあったな。

119.jpg

生野菜命の私にはうれしいサービスだわっ☆


干物は卓上で焼きます。コレが剥がれにくかった・・

122.jpg


こーゆう場に来ると俄然食欲の沸くおとっつあんは、白米4杯おかわりしてました(汗)。
おひつにご飯残ってないなんて、ウチのテーブルだけやんっ!

朝食をとるお食事処からも海岸が見えます。生憎のお天気に・・・

120.jpg

畳敷きのお部屋ですがテーブル席になっているので、ラクチンでした!


このあとは部屋に戻って、10時にはチェックアウト。
部屋で出る準備をしていたら10時過ぎ。と突然ノックが鳴って「10時やで!」と姪が登場。
いや・・・列車の発車時刻じゃあるまい(汗)。。

ハイハイと言いながらそそくさ部屋を後にし、チェックアウトへ。
その間、皆ソファでまったりしている・・・。
「あれ?昨日食べ残したケーキ持ってないやん?どうした?」とおとっつあん。
皆冷蔵庫に入っている事をすっかり忘れていたようでした。
「もう片付けられてるでしょう」と皆言うのだけど、いやいや、忘れ物を宿はそうそう捨てませんってば!!!
その後係りが無事持って来てくれ、無事チェックアウト。
みんな、折角のケーキ忘れないでよねー(涙)。それとも美味しくなかった???
最後は宿正面玄関にて記念撮影をし、この旅は終了となりました。

お付き合いくださいまして、ありがとうございました。


<覚書>
食事:舞姫コース(サ・税込)
・本館大人1名 @19,950x2名
・別館大人1名 @22,950x3名
・夕食のみ1名 @11,550x1名
・入湯税1名  @250x5名
合計 121,550円






テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 丹後半島 2012.5.
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




夕日ヶ浦温泉旅館 「静 花扇」④ :: 2012/05/16(Wed)
熱いお湯のせいで汗が止まらん。最近玉のように汗が噴き出るけど、もしかしてプレ更年期・・????
夕食は広い別館の客室で取るようにお願いしました。

部屋に行くとすでに食材が並んで、宴会場に早変わり!?

047.jpg


旬のお造りがいっぱい!
3人で大皿一皿だったのに、おとっつあんと姪が食べ過ぎたのか、私の胃には二切れちょっとしか入らず(怒)。

050.jpg


鯛しゃぶ。あっさりかと思いきや、コクがありました。地場産のお野菜も一緒に。
〆に食べるラーメンが意外に美味しいかったかも(笑)。

051_20130204160758.jpg



前菜。普段食べない貝(何貝?)もホタルイカも柔らかくて美味しい~。

052.jpg


プランで、鮑が黒毛和牛ステーキか選べたので、肉食系の私は牛!
って、皆和牛になりました・・・

053.jpg


ワイワイと皆で食べてフと窓に目をやると・・・真っ赤なサンセット。
写真だと小さいけど、実物は燃えるように大きな太陽でした。


078.jpg


〆は桜エビと筍のかやくご飯(?)。桜の塩漬けと魚のすり身で出来た団子が入ったお吸い物付き。
これは各自テーブルで火をくべて炊くので、出来上がりは炊きたてツヤツヤ~。

088.jpg


もちろんデザートまで行き着きますよ!オレンジ色したジュレがすごく甘くて美味しいかった。

095.jpg



で、もう一つのデザートが今回の目玉~。
昨年より仲良くさせていただいているカフェ「kanabun」さんのお手製ホールケーキ。
宿に確認したら「持ち込みOK」だったので、配達をお願いしました。

092.jpg



当日中に食べ切れないだろうから日持ちするケーキにして欲しいと相談したところ
チーズケーキを土台にデコレーションしてくださいました。
冷蔵庫で冷やして、2日目に食べたら引き締まってもっと美味しいかったです!

宿でもお祝い用のホールケーキを用意してくださるのですが、その用意するケーキというのが
偶然にもこの「kanabun」さんのところのケーキだったようです。
今回私達は宿を通さず直接「kanabun」さんにお願いしましたが、宿側でもリクエストは色々聞いてもらえるので
女子の皆さん、食後にケーキはいかがですか~?


義母の古稀のお祝いの席だったので、宿から素敵なプレゼントを頂戴しました。

093_20130204161046.jpg


さて。会食が終わると「じゃ、帰るで」と言ってさっさと自宅へ戻ってしまった義父。
留守宅が気になるようで、どう説き伏せても一緒に泊まってもらう事は叶いませんでした。
これが今回のイベントの中で、私の唯一の心残り。。

そうは言っても無理強いは出来ませんから、今回義父にはお夕食のみ頂いてもらう運びとなりました。
滅多に無い外食の場で、早速運ばれてきた茶碗蒸しに挨拶も始まらないうちから口をつけて
義母や義妹から非難ゴーゴーでしたが(笑)、内心喜んでくれてたかな?と勝手に思うことにしました。

















テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 丹後半島 2012.5.
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




夕日ヶ浦温泉旅館 「静 花扇」③ :: 2012/05/16(Wed)
本館のお部屋を簡単にパトロールしたら、早速別館のお部屋に移ります。
折角2室取っているので、どうせなら眺めの良いお部屋でお茶を飲みたいっ。

別館には3タイプのお部屋がありますが
今回は6畳二間+3畳の掘り炬燵付きの鷺草(501号室)というお部屋に。

006_20130204161329.jpg
足元まである大きな窓から気持ち良い程、日本海が見えます。


別館は全室客室展望風呂付きです。こちらは温泉では無かったと思います。
018_20130204161459.jpg 017_20130204161535.jpg


洗面台も本館に比べてとてもキレイです(笑)。アメニティも本館に比べて充実してます。
これとは別にミニシンクも完備されています。お茶セットは日本茶だけでした。
010_20130204161636.jpg 021_20130204161701.jpg


ここも軽くパトロールしたら、さっそく大浴場で軽く汗を流しに行きました。
下記の大浴場は婦人用。入れ替わり制で、朝はこちらが殿方になります。
117.jpg

114_20130204161824.jpg

111_20130204161915.jpg

109_20130204161929.jpg

110_20130204162034.jpg

お湯は結構熱め(感覚的に43度位)。
今年の冬は非常に寒く、宿泊客から露天風呂の温度を上げて欲しいと要望があったそうです。
その延長で湯温が高めに設定されているようです。
なので、しっかり「夏なので低く設定してください」と宿に要望を出しておきました(苦笑)。

湯上り処には立派な丹後ちりめんで出来た内掛けが飾られています。
一体、おいくら万円するのかしらん。。。

034.jpg


個々のお風呂は大きくありませんが、朝は6時から夜は23時半まで利用出来るので
連休であっても、さほど混みあうことはありませんでした。


お風呂に入ってさっぱりしたら腹減ったどーっ!!!



テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 丹後半島 2012.5.
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




夕日ヶ浦温泉旅館 「静 花扇」② :: 2012/05/14(Mon)
予約前に空室確認の電話をすると、別館は2室空室が有りますと返答。
しかし、すったもんだあってすぐには予約を入れる事が出来なかった。

問い合わせをした翌日の夜遅く旅館へ予約の電話を入れると
別館は残り一室となってしまい、泣く泣く?我々が本館に宿泊することに・・・


本館で海が見えるお部屋は4室しかありません(のはず)。

042_20130204162544.jpg


041_20130204162203.jpg

間際の予約にも関わらず、リクエスト通り眺望の良いお部屋を用意してくださった宿に感謝!
浜詰海岸が目の前です。夏には宿から海の家(?)が浜に出ます。

044_20130204162327.jpg


別館の部屋に比べると見劣りする純和風のしつらえ。畳や襖は新しいものに入れ替わって気持ち良い。
が、義妹や姪、義母にまで「あらま。残念な部屋やね~」となだめられ・・・。
良いの良いの。今回は我々が主役じゃありませんから(涙)。

046_20130204162425.jpg

クローゼットには浴衣と丹前、バスタオル、宿名が刺繍されたタオル。これは珍しい~。
着替え入れ用なのかビニールバッグが添えられていましたが、大浴場へ行くとカゴを持っている宿泊客数名。
我々の部屋には無かったなあ~。

045_20130204162509.jpg


綺麗に清掃されているのですが、残念な洗面台(涙)。昭和のかほりが漂ってきます・・
ココは早急に改装して欲しいですね。
備え付けの歯ブラシは昔のように大きいです。歯磨き命の人はマイ歯ブラシを持ち込んだ方が無難です。

眺めの良い部屋ですが、西日が当たるので部屋の温度は上昇します。
景色を眺めるだけ眺めたら、障子を閉めてさっさとクーラーで部屋を冷やしましょうー。













テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 丹後半島 2012.5.
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




夕日ヶ浦温泉旅館 「静 花扇」 :: 2012/05/11(Fri)
今回の親孝行に利用した旅館「静 花扇」
夕日ヶ浦温泉がある浜詰海岸の東側に位置します。

旅館の規模としては、大きくない方だと思います。


正面玄関の大きな壷には、季節の草花が飾られています。
日の出前、海岸沿いを散歩しての帰りなので、空が曇って見えますね。


海岸沿いに建っている、いわゆるオーシャンフロントという立地。

066_20130131110430.jpg


そのお蔭で、お部屋からこんな素敵なサンセットが見れます。


と前フリだけして、次回に続く~。
(忙しくて、、、すんません・汗)





テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 丹後半島 2012.5.
  2. | trackback:0
  3. | comment:0