redbird日和

飼い猫8匹+α+オットと暮す     ハワイと猫好きredbird315の毎日




やっぱり宿目線だった「雨情草庵」 :: 2011/08/01(Mon)
まだ続くんかいっ!てツッこまれそうですが、ハイまだ続きます。
宿泊後雨情草庵の支配人からメールを直々に戴き、早々に返信をしました。
メールの内容は

・料理長の言動と態度について
・客室係の対応について
・色浴衣の説明について
・クレジットカード清算について

この4項目について意見を出し、宿からの回答を待ちました。
一週間経っても連絡は来ず、しびれを切らして催促のメールをだしたところ
数時間後、本館の若女将より返信がありました。
この時点で私の宿に対する評価はさらに下落。
結局、放ったらかしにしてたんかいっ!て・・・

しかし若女将からの回答を見て更に唖然。
従業員の行動については、どれもこれも言い訳ばかり。
スタッフは年数に関わらず日々努力・勉強を重ねているが
今回不愉快な態度に写ってしまったのは申し訳ない。「悪気は無いので大目に見て欲しい」って。
それはゲストが決めるんであって、貴方が言う立場じゃ無いでしょ。

どこまでも宿目線な対応に私も呆れました。
高額な宿泊費用を払い、何のためにこの宿にやって来たのか。
記念日のために数ある旅館からこの宿を選んだ事へのお礼の一言も無い。

若女将は、雨情草庵を含め地元では手広く数件の旅館を経営している大手企業の副社長。
この企業にコンプライアンスは無いのかしらと思いました。
世間では、一部の従業員の行動が会社の信用を落とし経営存続が危ぶまれる事もあるというのに。
宿に対する信用がなくなれば、しいては宿から客が離れてゆき
企業としての経営が難しくなるという事を判っていないように感じました。

目新しいモノ、良いと叫ばれているモノは取り入れよう。
その姿勢は良いのだけれど、ハコばかり立派でマンパワーが全然付いて来ていない。
何でもかんでもやれば良いってもんじゃないです。

誰もが満足する完璧な宿なんて存在しない。
むしろハード面は足りない位が、働くスタッフ達の「おもてなしの心」が目立ち
結果的にゲスト目線にたった素晴らしい宿になるのではないでしょうか。


で、浴衣の着付けとクレジットカードの清算方法についての回答は得られていません。
しっかりしてくださいよ、若女将!



テーマ:国内ホテル情報 - ジャンル:旅行

  1. 丹後半島 2011.7.
  2. | trackback:0
  3. | comment:3




夕陽が美しい丹後半島 :: 2011/07/29(Fri)
2011_071040317.jpg

おとっつあんの故郷「丹後半島」は美しいまちです。
きれいな海、美味しい食べ物、そして夕陽がとっても綺麗なところでもあります。
網野町から少し北へ車を走らせ、幻の蟹で有名な「間人」の方へ向かいました。









>>続きを読む

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 丹後半島 2011.7.
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




丹後半島旅行:ゲスト目線でない宿「雨情草庵」~チェックアウトまで :: 2011/07/22(Fri)
2011_071040248.jpg

朝食に向かい部屋に入ると写真のようなおにぎりが籠に入って用意されています。
「お昼時に召し上がってください」と宿からのお弁当です。
チェックアウト時にペットボトルのお茶2本と一緒に渡してくださいました。
浜辺で食べたおむすびはとても美味しいかった!







>>続きを読む

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 丹後半島 2011.7.
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




丹後半島旅行:ゲスト目線でない宿「雨情草庵」日暮れ~夕食・朝食編 :: 2011/07/19(Tue)
2011_071040180.jpg

「夕日ヶ浦温泉」という名だけあって、夕日が綺麗なことでも有名な温泉地です。
夏場は宿の正面玄関右手より、写真上のような綺麗な夕陽が見れます。
手前に川が流れ、その奥に海が続き、反射してまるで夕日が3つあるように見えます。
浜辺では見れない光景です。

当初は浜で鑑賞するつもりでしたが、客室係から「玄関前からもご覧いただけますよ」と教えていただき
早速出て行くと、素晴らしい日暮れに出会うことが出来ました。

水平線に雲が掛かって夕陽が見えなくなった時、「さっ、お食事にしましょ♪♪♪」と客室係りに促される。
・・・これからが一番空が綺麗に見える時なんですけど(´ε`;)ウーン…
確かに丁度夕食の用意をお願いしていた時間だったけど、せめて「ではお食事処でお待ちしております」とか
言い方があると思うんだけどな~。

食事処では記念撮影をしてくれるようで、着崩れた浴衣を着直そうと部屋に戻ったら
「撮影しますのでどうぞいらしてくださいね~」とまた催促される。
え~い!もうどうでもええわー!ヽ(゚皿゚)ヽ ガオー!!

















>>続きを読む

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 丹後半島 2011.7.
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




丹後半島旅行:ゲスト目線でない宿「雨情草庵」その四 :: 2011/07/17(Sun)
2011_071040148.jpg

「かゆみ止めもご用意出来ますから」と客室係が言っていたのを思い出し、ならば早速用意してもらおう
と部屋からフロントへ掛ける。

この電話は本館「佳松苑」のフロントに繋がるようになっている。
ここで残念な対応をされるとは・・・

>>続きを読む

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 丹後半島 2011.7.
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




丹後半島旅行:ゲスト目線でない旅館「雨情草庵」その参 :: 2011/07/16(Sat)
2011_071040161.jpg

利用できる大浴場は2箇所あります。
一箇所は敷地内にあり、もう一箇所は姉妹宿「はなれ風香」の大浴場が利用できます。
私達が到着した日は、敷地内のお風呂「流風」が殿方、「はなれ風香」にあるお風呂「風光」が婦人になっていました。

公式ホームページの全館案内では「流風」は婦人専用になっていたはずなのですが
いつ頃からか男女入れ替え制に変更になったようです。
出来れば部屋の中にも案内書きを添えて欲しかったなあ~。
最初に説明は受けましたが、チェックイン時は舞い上がっているし(私だけ?)
改めて確認の意味でも「ホームページの案内から変更しています」とか置いて頂けるとうれしいですね。
っていうか、部屋のどこにも「館内案内図」みたいなのが無かったような?


とにかく口頭の説明が多いんですよ、ココ・・・(ヽ´ω`)








>>続きを読む

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 丹後半島 2011.7.
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




丹後半島旅行:ゲスト目線でない旅館「雨情草庵」その弐 :: 2011/07/15(Fri)
2011_071040150.jpg

「あまやどりの宿 雨情草庵」は敷地に五棟の離れが建つお宿です。
敷地には手入れの行き届いた草木が茂り、雨降りの日は緑がより一層映える造りになっています。
ちょっとした散歩道やホタルが舞う池などもあります。

が、いかんせん「日本の夏」。蚊が異常に多い!!!
大浴場へ向かうわずかな時間だけでも数箇所咬まれました。
要所要所でスプリンクラーが回っているせいか、湿度は更にアップ(汗)。
そうとは知らずに近づいて服を濡らしてしまいました。

スプリンクラーより蚊取り線香を焚くべきなんじゃ・・・














>>続きを読む

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 丹後半島 2011.7.
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




丹後半島旅行:ゲスト目線でない旅館「雨情草庵」その壱 :: 2011/07/14(Thu)
草庵駐車場からの入り口

自宅から車にて約3時間で丹後網野に到着。
軽くおとっつあんの実家(は網野なのです)に寄って、15時宿にチェックイン。

宿からは「本館佳松苑のフロントより雨情草庵の入口へご案内します」と案内がありましたが
入口は知っていたので本館には寄らずインタホーンを押してみる。
するとすごく驚かれ、その驚きにこちらも更にビックリ・・・

っていうか、手前の土産物屋の駐車場奥に入り口があるんだから
それをちゃんと説明しないのは宿側が不親切なだけなんじゃ???
とツっこんでみる。



あぜ道   2011_071040302.jpg

写真左:「湯けむり朝市」という土産店手前にあるあぜ道を入れば、宿正面玄関前に着きます。
但し細い道につき、積雪のある季節やミニバン等は脱輪する可能性あるので不向き。

写真右:土産店の駐車場奥、緑茂る辺りに宿へエントランス(写真上)があります。
雨情草庵専用の駐車スペースもあり。
間違って別の場所に止めても、ここは宿のグループ企業なので心配いりません。









>>続きを読む

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 丹後半島 2011.7.
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




結婚10年目のご褒美? :: 2011/07/12(Tue)
雨情草庵 玄関

今年で結婚10年目を迎えることが出来ました。
ハワイへ出掛ける予定も考えていましたが、ウダウダしているうちに
どんどん値上がりするサーチャージ代に付いていけず(涙)
ならば国内で贅沢な時間を過ごしてみようと言う運びになりました。

国内数ある宿の中から選んだのが「あまやどりの宿 雨情草庵」。
宿の存在は以前から知っていました。クチコミ評価はどれを見ても高得点です。
一泊4万円以上もするのだから、どんなゲストサービスが待っているのかそれはそれは期待大でした。

ところが、宿をあとにする頃には「一回泊まったらもうええっか」とまで急降下(苦笑)。
一体何があったのか!?

ツッコミどころ満載でお送りします。

※お断り※
私個人が体験し感じたことを率直に記しております。
ゲストサービスについて、すべての利用者がそう感じるとは限りません。










テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 丹後半島 2011.7.
  2. | trackback:0
  3. | comment:0